ニュース

2017.11.23

  • 14本のピンのクラブが、新人クックにPGAツアー初優勝を!
    【勝者のセッティング】RSMクラシック

    14本のピンのクラブが、新人クックにPGAツアー初優勝を!

     オースティン・クックがPGAツアーの秋スケジュール最後のトーナメントであるRSMクラシックにおいて2位に4ストローク差で優勝した。昨シーズン、ウェブドット・コムツアーを戦い、PGAツアーに昇格したばかりの新人のクックは、14本のピンのクラブとタイトリストのボールを...
  • ゲイがパー5の第2打をピンそば60センチにつけてイーグル!
    【RSMクラシック 最終日】

    ゲイがパー5の第2打をピンそば60センチにつけてイーグル!

     ブライアン・ゲイは15番パー5で、ピンまで226ヤードの第2打で2オンを狙った。ボールはグリーンの手前に着地してからバウンドしてグリーンを駆け上がり、ピンそば60センチまで近づいて止まった。このパットを楽々と決めてイーグルを奪った。
  • クックが値千金のバーディで勝利を決定づけた!
    【RSMクラシック 最終日】

    クックが値千金のバーディで勝利を決定づけた!

     オースティン・クックは後続と2打差の単独首位で17番パー3を迎えた。ピンまで188ヤードのティーショットをピンそば約4メートルのバーディチャンスにつけると、このパットを絶妙なタッチで沈め、勝利を決定づけた。

2017.11.21

  • ゲイの劇的なイーグルが1位(RSMクラシック)
    【ショット・オブ・ザ・ウイーク】

    ゲイの劇的なイーグルが1位(RSMクラシック)

     RSMクラシックのベストショットに選ばれたのは、ブライアン・ゲイの最終日18番パー4のイーグル。ピンまで161ヤードの第2打を振り抜くと、ボールはピンの手前に着地してから転がり、そのままカップインした。

2017.11.20

  • クックが初優勝「モチベーションを維持し、やるべきことに冷静に対処することができた」
    RSMクラシック 最終日

    クックが初優勝「モチベーションを維持し、やるべきことに冷静に対処することができた」

     アーカンソー州出身のツアールーキー、オースティン・クックは最終日、優勝経験のある強豪選手たちの追撃をかわし、ツアー初優勝を果たした。 冷たい強風が吹きつけたシーアイランド・リゾートのシーサイドコース。ツアールーキーのクックは、ブライアン・ゲイ、クリス・カ...
  • カークがティーショットをピンそばにつけてバーディ奪取!
    【RSMクラシック 最終日】

    カークがティーショットをピンそばにつけてバーディ奪取!

     クリス・カークは6番パー3で、ピンまで180ヤードのティーショットを振り抜くと、ボールはピンの右手前に着地してから転がり、ピンそば約1.2メートルに止まった。このパットを着実に沈め、この日最初のバーディを奪った。
  • テーラーのショットがピンに直撃してピンそばにピタリ!
    【RSMクラシック 最終日】

    テーラーのショットがピンに直撃してピンそばにピタリ!

     ボーン・テーラーは13番パー4で、ピンまで148ヤードの第2打を振り抜くと、ボールはピンに直撃してからグリーンに着地し、ピンそば1メートルに止まった。このパットを楽々と決めてバーディを奪った。
  • スパウンがショットをピンそばにつけてバーディフィニッシュ!
    【RSMクラシック 最終日】

    スパウンがショットをピンそばにつけてバーディフィニッシュ!

     J.J.スパウンは18番パー4で、ピンまで126ヤードの第2打を振り抜くと、ボールはピンの根元に着地してからピンそば1.2メートルに止まり、絶好のバーディチャンスを迎えた。このパットを楽々と沈め、通算17アンダー単独2位でフィニッシュした。
  • クックが通算21アンダーでツアー初優勝
    【本日のハイライト】

    クックが通算21アンダーでツアー初優勝

     26歳のツアールーキー、オースティン・クックが最終日も3アンダー67(パー70)とスコアを伸ばし、通算21アンダーで待望のツアー初優勝を挙げた。首位と4打差の通算17アンダー2位にJ.J.スパウンが食い込んだ。
  • ゲイが最終ホールで劇的なイーグルフィニッシュ!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    ゲイが最終ホールで劇的なイーグルフィニッシュ!

     RSMクラシック最終日のベストショットに選ばれたのは、ブライアン・ゲイのシーサイドコース18番パー4のイーグル。ピンまで161ヤードの第2打を振り抜くと、ボールはピンの手前に着地してから転がり、そのままカップインした。
  • 【速報】クックが通算21アンダーでツアー初優勝
    RSMクラシック 最終日

    【速報】クックが通算21アンダーでツアー初優勝

     シーアイランド(ジョージア州)で開催されたRSMクラシック。日本人選手は出場していない。オースティン・クック(米国)が通算21アンダーでツアー初優勝を挙げた。 今大会は、予選2日間をシーアイランド・リゾートのシーサイドコース(パー70)とプランテーションコース...

2017.11.19

  • 松山のライバル出現!? 25歳のパトリック・カントレー
    WEEKLY TOUR REPORT Vol.85

    松山のライバル出現!? 25歳のパトリック・カントレー

     松山英樹に、新たなライバルの出現か?  もとUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)のスター選手である、パトリック・カントレーのことだ。2017-2018シーズンの第5戦、ラスベガスで開催されたシュライナー・ホスピタル・フォー・チルドレン(11月2日~5日、ネバダ州...
  • クックが首位をキープ「下積み経験があったからここまで来られたんだと思う」
    RSMクラシック 3日目

    クックが首位をキープ「下積み経験があったからここまで来られたんだと思う」

     オースティン・クックは3日目、リードを3打差に広げて単独首位をキープした。PGAツアーの選手としてプレーするのは今シーズンが初めてだが、以前にもよく似た状況を経験したことがある。 26歳のクックは、単独2位のクリス・カークに3打差をつけて最終日に臨む。ゴルフ...
  • スパウンが6メートルのパットを決めて8個目のバーディを奪取!
    【RSMクラシック 3日目】

    スパウンが6メートルのパットを決めて8個目のバーディを奪取!

     J.J.スパウンは17番パー3で、ティーショットをピンそば6メートルのバーディチャンスにつけた。ほとんどストレートの上りのパットを打ち出すと、ボールは滑らかに転がってカップに飛び込み、この日8個目のバーディを奪った。
  • ゲイが強気のストロークでバーディパットをねじ込んだ!
    【RSMクラシック 3日目】

    ゲイが強気のストロークでバーディパットをねじ込んだ!

     ブライアン・ゲイは17番パー3で、ティーショットをグリーンに乗せたが、カップまでの距離は8メートル近くあった。簡単に入る距離ではなかったが、強気のストロークで打ち出すと、ボールはカップの右サイドから回り込むように転がり落ちた。
  • カークがホールインワン寸前のスーパーショット!
    【RSMクラシック 3日目】

    カークがホールインワン寸前のスーパーショット!

     クリス・カークは12番パー3で、ピンまで226ヤードのティーショットを振り抜くと、ボールはグリーンに着地してからピンに向かって転がり、カップインもあるかと思われたが、わずかにそれてピンそば30センチに止まった。このパットを楽々と決めてバーディを奪った。
  • クックが通算18アンダーで後続と3打差の単独首位
    【本日のハイライト】

    クックが通算18アンダーで後続と3打差の単独首位

     通算14アンダー単独首位で3日目を迎えたオースティン・クックが、この日も4アンダー66(パー70)でプレー。通算18アンダーで首位の座を守った。首位と3打差の通算15アンダー2位に、クリス・カークがつけている。
  • テーラーがグリーンサイドのラフから絶妙なチップインバーディ!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    テーラーがグリーンサイドのラフから絶妙なチップインバーディ!

     RSMクラシック3日目のベストショットに選ばれたのは、ボーン・テーラーのシーサイドコース14番パー4のチップインバーディ。グリーンを狙った第2打を左サイドのラフに外したが、そこからのアプローチをカップに放り込んだ。
  • 【速報】クックが通算18アンダーで首位をキープ
    RSMクラシック 3日目

    【速報】クックが通算18アンダーで首位をキープ

     シーアイランド(ジョージア州)で開催されているRSMクラシック。日本人選手は出場していない。オースティン・クック(米国)が通算18アンダーで首位を守った。 今大会は、予選2日間をシーアイランド・リゾートのシーサイドコース(パー70)とプランテーションコース(パ...

2017.11.18

  • クックが単独首位「このコースで今日ほどいいプレーができたことはない」
    RSMクラシック 2日目

    クックが単独首位「このコースで今日ほどいいプレーができたことはない」

     ベテランキャディのキップ・ヘンリーは、これまでの長いツアー経験の中で、素晴らしいゴルフを何度も見てきた。しかし、オースティン・クックが今大会で、2日連続で披露したストレスのないプレーは見たことがないという。 クックは2日目、いとも簡単にプレーしているよう...
  • トリンゲールのショットがナイスキックでカップイン寸前!
    【RSMクラシック 2日目】

    トリンゲールのショットがナイスキックでカップイン寸前!

     キャメロン・トリンゲールはこの日、シーサイドコースをプレー。18番パー4でピンまで165ヤードの第2打を振り抜くと、ボールはグリーンの左に外れたかと思いきやグリーン方向にバウンドし、ピンそば50センチのバーディチャンスに止まった。
  • スネデカーが12メートル近いロングパットを決めた!
    【RSMクラシック 2日目】

    スネデカーが12メートル近いロングパットを決めた!

     ブラント・スネデカーはこの日、プランテーションコースをプレー。6番パー4で第2打をグリーンに乗せたが、バーディパットは12メートル近くあった。2パットのパーでも十分と思われたが、コンパクトなストロークで転がすと、ボールは見事カップインした。
  • ワトソンが前半9ホールで6バーディを奪い、ハーフ29をマーク!
    【RSMクラシック 2日目】

    ワトソンが前半9ホールで6バーディを奪い、ハーフ29をマーク!

     バッバ・ワトソンはこの日、シーサイドコースをプレー。出だし5ホールで4バーディを奪うと、8番パー4と9番パー4でもバーディを重ね、前半9ホールで6バーディをマーク。ハーフ29(パー35)のビッグスコアを叩き出した。
  • クックが通算14アンダー単独首位
    【本日のハイライト】

    クックが通算14アンダー単独首位

     今大会の予選はシーアイランド・リゾートのシーサイドコース(パー70)とプランテーションコース(パー72)の2コースを使って行われている。オースティン・クックが初日6アンダー、2日目8アンダーで通算14アンダー単独首位に浮上した。
  • テーラーがホールインワン寸前のスーパーショット!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    テーラーがホールインワン寸前のスーパーショット!

     RSMクラシック2日目のベストショットに選ばれたのは、ボーン・テーラーのシーサイドコース17番パー3のティーショット。ピンまで203ヤードでアイアンを振り抜くと、ホールインワンもあるかと思われたが、惜しくもカップの右側をすり抜けた。
  • 【速報】クックが通算14アンダー単独首位に浮上
    RSMクラシック 2日目

    【速報】クックが通算14アンダー単独首位に浮上

     シーアイランド(ジョージア州)で開催されているRSMクラシック。日本人選手は出場していない。オースティン・クック(米国)がシーサイドコースで8アンダー62(パー70)のビッグスコアをマークし、通算14アンダー単独首位に浮上した。 今大会の予選はシーアイランド・リ...

2017.11.17

  • ボーンがグリーンサイドのラフからチップインバーディ!
    【RSMクラシック 初日】

    ボーンがグリーンサイドのラフからチップインバーディ!

     ジェイソン・ボーンはこの日、プランテーションコースをプレー。10番パー4で第2打をグリーンサイドのラフに外したが、そこからのアプローチが完璧だった。ピッチエンドランでボールを転がすと、カップに引き寄せられるかのようにカップインした。
  • キズナーが約8メートルのパットを決めてバーディフィニッシュ!
    【RSMクラシック 初日】

    キズナーが約8メートルのパットを決めてバーディフィニッシュ!

     ケビン・キズナーはこの日、シーサイドコースをプレー。最終18番パー4で第2打をグリーンに乗せると、バーディパットは約8メートルの下りのフックラインだったが、絶妙なタッチで打ち出すと、ボールは滑らかに転がってカップに吸い込まれた。
  • トリンゲールが約8メートルのイーグルパットを決めた!
    【RSMクラシック 初日】

    トリンゲールが約8メートルのイーグルパットを決めた!

     キャメロン・トリンゲールはこの日、プランテーションコースをプレー。8番パー5で2オンに成功し、約8メートルのイーグルパットに挑んだ。心地よい音を響かせてイーグルパットを転がすと、ボールはカップまでしっかり伸びてカップインした。
  • カークが9アンダー63をマークして単独首位
    【本日のハイライト】

    カークが9アンダー63をマークして単独首位

     今大会の予選はシーアイランド・リゾートのシーサイドコース(パー70)とプランテーションコース(パー72)の2コースを使って行われている。クリス・カークがプランテーションコースを9アンダー63でプレー。単独首位発進を果たした。
  • キザーが120ヤードのショットをカップインさせてイーグル!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    キザーが120ヤードのショットをカップインさせてイーグル!

     RSMクラシック初日のベストショットに選ばれたのは、パットン・キザーのシーサイドコース10番パー4のイーグル。ピンまで120ヤードの第2打を振り抜くと、ボールはピン手前に着地してから転がり、そのままカップインした。
  • カークが首位発進「パットがどんどん入るのを見ているのは愉快だったよ」
    RSMクラシック 初日

    カークが首位発進「パットがどんどん入るのを見ているのは愉快だったよ」

     クリス・カークは毎秋、RSMクラシックに出場するためにジョージア州ゴールデン・アイルズを訪れる。カークのこの大会への思い入れは強い。 地元ジョージア州立大学を卒業したカークは、2013年のこの大会で後続に1打差をつけて優勝し、黄金の2013-2014シーズンをスタート...
  • 【速報】カークが9アンダーをマークして単独首位発進
    RSMクラシック 初日

    【速報】カークが9アンダーをマークして単独首位発進

     シーアイランド(ジョージア州)で開幕したRSMクラシック。日本人選手は出場していない。クリス・カーク(米国)がプランテーションコースを9アンダー63(パー72)でプレー。後続に1打差の単独首位に立った。 今大会の予選はシーアイランド・リゾートのシーサイドコース...

2017.11.16

  • 前年覇者のヒューズはキスナー&キザーと同組に
    【今週はこの組に注目!】RSMクラシック

    前年覇者のヒューズはキスナー&キザーと同組に

     今週のRSMクラシックの舞台、ジョージア州のゴールデンアイルズには、20名以上のPGAツアープロが住んでいる。その中には、この地域でのPGAツアーイベントの開催に尽力し、大会ホストを務めるデービス・ラブⅢも含まれる。  2017-2018シーズンの年内最終戦である今大会は、シ...
  • 短いコースではいかにチャンスを作り、それを決めるかだ
    【勝負を決めるのはココだ!】RSMクラシック

    短いコースではいかにチャンスを作り、それを決めるかだ

     このRSMクラシックはシーズンの8試合目であるが、PGAツアーの長いシーズンのなにがしかを決めてしまうに違いない。シーアイランド・リゾートの2コース双方の特徴から、それは明らかなのだ。  シーアイランド・リゾート・シーサイドコースは、全長わずか7005ヤードで、パ...
  • 優勝候補No.1はウェブ・シンプソン、次点はケビン・キスナーだ
    今週、勝つのはこの選手だ!【後編】

    優勝候補No.1はウェブ・シンプソン、次点はケビン・キスナーだ

     トップ20フィニッシュを4戦続けて、ここへ到着。直近7試合で6度、トップ20フィニッシュしているのだ。RSMクラシックには5回出場し、すべて予選通過。2011年はプレーオフ敗退、13年は7位タイだった。  今シーズンとしては、これが初トーナメント。ここでPGAツアー初勝...
  • ラスベガス、マヤコバと調子を上げてきた選手に注目!
    今週、勝つのはこの選手だ!【前編】

    ラスベガス、マヤコバと調子を上げてきた選手に注目!

     OHLクラシック・アット・マヤコバでは2日目終了時にトップタイ。スリーサムとなった最終日は最終組で回ったものの、最終結果は14位タイ。RSMクラシックでは2度出場し、どちらも予選通過、昨年は10位タイだった。  現在、非常に堅実な結果を残している。今シーズンに入っ...
  • 球聖ジョーンズお気に入りのシーサイドコース
    【今週の会場はシーアイランド・リゾート】RSMクラシック

    球聖ジョーンズお気に入りのシーサイドコース

     シーアイランド・ゴルフクラブ・シーサイドコース、全長7005ヤード、パー70。シーサイドコースの歴史は1929年にさかのぼる。セント・シモンズ島の南側に英国人設計家、ハリー・コルトとチャールズ・アリソンによって作られた9ホールがオリジナルだ。当時、ボビー・ジョー...
  • 小休止前にフェデックスカップ・ランキングの頂点が入れ替わる?
    今週の見どころはここだ!

    小休止前にフェデックスカップ・ランキングの頂点が入れ替わる?

     昨シーズンのフェデックスカップ・ランキングの上位30人から5人が出場する。注目の筆頭格は、セントシモンズ島に住居を持つパットン・キザー。OHLクラシック・アット・マヤコバでは本原稿執筆時の2日目終了時点で、トップを走っている。また、このトーナメントの2015年の...
  • ファウラーがバーディパットを決めて首位と1打差に迫った!
    【OHLクラシック・アット・マヤコバ 最終日】

    ファウラーがバーディパットを決めて首位と1打差に迫った!

     リッキー・ファウラーは首位のパットン・キザーと2打差で17番パー4を迎えた。フェアウェイからの第2打でウェッジを振り抜くと、ボールは先に打ったキザーの内側に止まった。このバーディパットを決めて1打差に迫った。
  • キザーがティーショットをピンそば1メートルにつけてバーディ奪取!
    【OHLクラシック・アット・マヤコバ 最終日】

    キザーがティーショットをピンそば1メートルにつけてバーディ奪取!

     パットン・キザーはピンまで115ヤードと距離の短い4番パー3でティーショットを振り抜くと、ボールはピンの左奥に着地してからバックスピンで戻り、ピンそば1メートルに止まった。このパットを楽々と決めてバーディを奪った。