【今週の会場はアロニミンクGC】BMW選手権

最終戦のツアー選手権に進む30人を決める!

2018.9.6 9:00
AT&Tナショナルが2011年に開かれた当時のアロニミンクGC Photo by Stan Badz/PGA TOUR

PGAツアー第47戦 BMW選手権/ペンシルベニア州 アロニミンクGC

コース:往年のドナルド・ロス設計の偉容を取り戻した

 アロニミンク・ゴルフクラブ、全長7237ヤード、パー70。1896年に創立されたクラブだが、現在の場所にやってきたのは1928年、ドナルド・ロス設計のコースが作られてからだ。このクラブはそれ以前にすでにゴルフ史に名を刻んでいる。キャディだった19歳のジョン・マクダーモットが1911年の全米オープンに優勝したのだが、これはアメリカ出身選手として初めてこのタイトルを獲った偉業である。

MORE:▶スポーツ見るならDAZNで。1カ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

 アロニミンクは1962年に全米プロゴルフ選手権を開いている。ゲーリー・プレーヤーが優勝した大会だ。クラブはその後、1977年の全米アマチュア、1997年の全米ジュニア・アマチュア、そして2003年の全米プロシニア選手権を開催し、かつてのAT&Tナショナルも2年間開催した。

 コースは、近年、400万ドルをかけた改修が行なわれ、年月を経て摩耗したドナルド・ロス設計のコースの特徴を復活させた。100ものバンカーもその姿を取り戻している。

72ホール記録:

 261ストローク(マーク・リーシュマン/2017年=コンウェイファームでの記録)

18ホール記録:

 59ストローク(ジム・フューリック/2013年 2日目=コンウェイファームでの記録)

記事検索