今週、勝つのはこの選手だ!【前編】

ボールストライカーのスタンレー、カントレーが優勝候補11番、12番

2018.9.6 12:00
2009年プロ入りした30歳のカイル・スタンレーはフェデックスカップ・ランキング16位でBMW選手権に出場 Photo by Gregory Shamus/Getty Images

PGAツアー第47戦 BMW選手権/ペンシルベニア州 アロニミンクGC

11位:カイル・スタンレー

 抜群のボールストライカーとして、アロニミンクで見本的なプレーを見せてくれるはずだ。2011年にここでのトーナメントに出場して34位タイ。 デル・テクノロジーズ選手権では最終ラウンドの71で12位タイに逆戻りしたが、ポイントランキングでは16位に上がった。

MORE:▶スポーツ見るならDAZNで。1カ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

12位:パトリック・カントレー

 ボールストライカーとしての実力を発揮し、プレーオフに入ってからは8位タイと24位タイ。アロニミンクでは2011年にプレーし、20位タイになっている。ストロークス・ゲインド:ティ・トゥ・グリーンではツアーで4位。

13位:ジェイソン・デイ

 デル・テクノロジーズ選手権には11回目の出場で初めて予選落ちを喫した。5戦連続でトップ20フィニッシュしていた流れも止まった。だが、ストロークス・ゲインド:パッティングは今もPGAツアー1位。アロニミンクでは2010年に9位タイになっている。

14位:フィル・ミケルソン

 デル・テクノロジーズ選手権を勝ち残り、ここまで進出した。最終ラウンドでのベストスコア、63をマークし、12位タイ。これでプレーオフ2戦ともにトップ15フィニッシュしたことになり、ランキングは9位となっている。

15位:ティレル・ハットン

 何をやっても魅力的だが、ゴルフもしかり。全米オープンでの6位タイ以来、各国で8戦しすべて予選通過し、その中の6戦はトップ20フィニッシュしている。直近3戦はすべてPGAツアーイベントだが、それも含まれているのだ。

記事検索