BMW選手権 3日目

ローズが後続に1打差の単独首位で今季3勝目を狙う

2018.9.9 12:31
ジャスティン・ローズが6アンダー64(パー70)でプレーし、通算17アンダー単独首位に浮上した Photo by Drew Hallowell/Getty Images

PGAツアー第47戦 BMW選手権/ペンシルベニア州 アロニミンクGC

ツアー9勝の38歳が単独首位に浮上

 ジャスティン・ローズは3日目、フロントナインの序盤に4連続バーディを奪い、6アンダー64(パー70)でプレーし、2位タイのロリー・マキロイとザンダー・シャウフェレに1打差をつけて首位に立った。

MORE:BMW選手権の最新スコアはここをクリック!

 ローズは現在、フェデックスカップ・ランキング3位だが、この試合に勝利すると2位に浮上し、プロゴルフ人生で初めて、世界ランキング1位に立つかもしれない。

 アロニミンクGCは3日目のスタートが3時間遅れたうえ、ラウンド終盤から再び雨が降り始めた。明日の最終日の予報も雨。試合進行への影響が危ぶまれている。

 3日目を終えた時点で、首位から5打差以内に13人がひしめき合う混戦となっている。タイガー・ウッズもそれらの上位陣に踏みとどまっているが、この日は4アンダー66をマークしたにもかかわらず、首位に近づくことができなかった。

「(5アンダー)65でプレーしても順位が下がる状況だ」と述べたマキロイの言葉も、あながち誇張ではない。

 ローズはフロントナイン序盤に4連続バーディを奪い、シャウフェレとの2打差を縮めた。8番パー3、9番パー5でもバーディを連取し、フロントナインを29(パー35)として折り返した。

 明日の最終日、ローズが優勝すれば、世界ランキング1位に浮上する可能性が高い。ローズは現在、世界ランキング4位だが、1位のダスティン・ジョンソンと2位のブルックス・ケプカは首位と9打差離されている。

 ローズが1位に浮上できるかどうかは、3位のジャスティン・トーマスの動向次第だろう。トーマスは首位と4打差の通算13アンダー7位タイにつけている。

 最大の問題は、最終ラウンドが終了できるかどうかだ。終了できるとしたら、いつになるか?

 3日目のスタート時刻は、前日の夜から朝まで降っていた雨の影響で、3時間遅れた。最終日のスタート時刻は朝7時に繰り上げられた。嵐が来ても、運営側は何とかその日のうちにプレーを終了させたい考えだ。

記事検索