『M1』と同時期に、『M2』新モデルが1月に米国で登場

テーラーメイド『M2ドライバー』2017年モデル

2016.12.29 12:50
テーラーメイド『M2』ドライバー2017年モデルは、3種類のロフト(ロフト角9.5、10.5、12度)があり、米国では400ドル(約4万6000円)で発売される Photo by Jonathan Wall/PGA TOUR

 テーラーメイド『M2』の2017年モデルを持ってアドレスを取ると、レスキュー以外のメタルウッドは、昨年のモデルと同じように見える。しかし、もちろん進化しているのだ。テーラーメイドの研究開発部は、許容性の向上や打音の改善の革新的な方法を探しながらも、ヘッド全体の機能の向上を重視。最終的に、ミスへの許容性が最も高い『M』シリーズが誕生した。

テーラーメイド『M2』ドライバー

 テーラーメイド『M2』ドライバー2017年モデルは、旧モデルがPGAツアーで現在、ダスティン・ジョンソンやローリー・マキロイ、ブルックス・ケプカ、セルヒオ・ガルシアが使用しているという実績に基づき、開発された。

『M2 460』のヘッドは、9-1-1チタンボディと6層のカーボン・コンポジット・クラウンで構成され、25グラムの自由裁量の重量を提供している。ソール後方の軽量化でクラブの重心位置が低くなり、打ち出し角や安定性、許容性の向上が実現した。