【勝負を決めるのはココだ!】アーノルド・パーマー招待

パーオン率を上げ、多くのバーディを奪う事がベイヒルを制す近道!

2017.3.15 8:05
1番ティーグラウンドと練習場の間に建てられた、新しいアーノルド・パーマー像 Photo by Richard Heathcote/Getty Images

PGAツアー第18戦 アーノルド・パーマー招待/フロリダ州 ベイヒルクラブ&ロッジ

 昨年9月に永眠した故アーノルド・パーマーが、初めてその「祖」となったPGAツアーの大会。彼の栄光ある人生と輝かしい業績を祝すべく、「アーノルド・パーマー招待」が今年もベイヒルGC&ロッジで開催される。「ロープの中の彼の栄光」は決して忘れてはならないものだ。それと同時に、大会最大の目的は、ゴルフを「競い」ながら、かつ「楽しむ」ことでもある。

 この10年間のうち、難しいパー70として行われた最近の3年間を除き、近年のベイヒル(パー36-37=72)は、アーノルド・パーマー招待の「攻略しがいのある」開催コースとして誰もが認めるところとなってきた。今年が39回目を数える。

 パーマーの魅力的なキャラクターの一つに、一つの方法に留まることがなかったという点がある。それがどんな試みであろうとも、パーマーは常に最先端を走っていた。この性質は時を超え、彼のスタッフ、そして彼自身、休むことなく働き続けた、このベイヒルに受け継がれている。