【今週の見どころはここだ!】プエルトリコ・オープン

裏トーナメントでも1勝は1勝。熱帯の島に野望が渦巻く

2017.3.21 8:00
世界ランキング72位のウェズレー・ブライアンが出場選手中ランキング最上位者として熱帯の島でプレーする Photo by Michael Cohen/Getty Images

PGAツアー第20戦 プエルトリコ・オープン/プエルトリコ ココビーチGC

【注目の選手】世界ランキング最上位は72位のウェズレー・ブライアン

 WGCーデル・テクノロジー・マッチプレー選手権に出場しない、世界ランキングトップ70位以外の選手たちが集まるトーナメントとなる。その中にはメジャー・チャンピオンの6人も含まれる。

 昨年勝利したトニー・フィナウはランキング70位として、WGC—デル・テクノロジー・マッチプレー選手権の出場ウェイティング・リストのトップにノミネートし、オースティンで名前が呼ばれるのを待っている。そのため、この大会に出場する選手中、世界ランキングの最上位者は72位のウェズレー・ブライアンとなっている。

 サム・ソーンダーズは2年前にアレックス・チェイカにプレーオフで敗れたが、祖父アーノルド・パーマー本人のいない、初めてのアーノルド・パーマー招待でのエモーショナルな一週間を経て、今年もここに出場する。そのベイヒルでは1打差で予選落ちを喫したソーンダーズだったが……。

 プエルトリコの血筋を引くマイアミの高校生、クリス・ニドが出場招待を受けている。彼は国際的な大会にプエルトリコ代表として出場経験がある。彼は今後フロリダ大学に進み、カレッジ・ゴルフシーンで活躍するだろう。