大物選手たちがギアを微調整した挑んだ!

マスターズ ギア総まとめ

2017.4.18 12:12
Text by : ジョナサン・ウォール
2シャール・シュワーツェルは今、PGAツアーを席巻している『スパイダー』パターを手にした Photo by Harry How/Getty Images

 シュワーツェルのパターは、最新の『スパイダーツアー』パターと同じモデルだが、ソールの模様はオリジナルモデル『ゴーストスパイダー・イッチービッチー』をベースにている。このパターは、ジェイソン・デイがRBC・ヘリテージで『スパイダーツアー・レッド』に変更するまで、使用していたものだ。

ミケルソンはハイブリッドを追加:

 オーガスタ・ナショナルで何度もプレーしてきたフィル・ミケルソンのようなプレーができるなら、特定のホールやコースのコンディションによって自分のセッティングを最大限に生かすよう手を加えるのは難しいことではないはずだ。

 4番ホールが今回240ヤードに延長され、距離の長いパー3のためのクラブが必要だと分かった時、ミケルソンは5番ウッドを外し、ロフト角18度の『Apex』ハイブリッドを追加した。これは、2016年ファーマーズ・インシュランス・オープン以降、様々な大会でセッティングに加えてきたクラブだ。

 4番のためだけでなく、今季メジャー初戦に向け、どんなコースでも幅広く使えるクラブとしてそれを使用すると、ミケルソンはキャロウェイのツアー担当者に伝えた。