RBCヘリテージ 2日目

デラートが首位タイに浮上「このコースでプレーすることが、さらに好きになったよ」

2017.4.15 11:10
グラハム・デラートが4アンダー67(パー71)でプレー。通算10アンダー首位タイに浮上した。 Photo by Tyler Lecka/Getty Images

PGAツアー第23戦 RBCヘリテージ/サウスカロライナ州 ハーバータウンGL

35歳のカナダ人がPGAツアー初優勝を狙う

 カナダ出身のグラハム・デラートは、これまでハーバータウンGLでのプレーを非常に楽しんでいたようだが、今大会までは結果がついてこなかった。

 デラートは大会初日、自己ベストスコアの6アンダー65(パー71)をマークし、2日目も4アンダー67でプレー。通算10アンダーでルーク・ドナルドと首位タイに並んだ。

MORE:RBCヘリテージの最新スコアはここをクリック!

 デラートは序盤の7ホールを終えた時点で1オーバーと出遅れたが、攻略が難しい8番パー4でバーディを奪った。9番パー4ではグリーンを狙うショットをカップに沈めてイーグルを奪い、スコアを伸ばした。

 デラートはこれまで同大会に6回出場し、14位が最高だった。70以下のスコアをマークしたラウンドは2回しかなかった。デラートは昨年の大会で初めてトップ15フィニッシュを果たし、ハーバータウンGLのコースがいっそう好きになったという。

「このコースでプレーすることが、さらに好きになったよ。もっといいスコアを出せると思えるようになったんだ」(デラート)

 デラートは序盤の調子こそ悪かったが、461ヤードの8番パー4で第2打をピンそば約4.5メートルに寄せ、バーディパットを決めた。次の9番パー4では、109ヤードの第2打をカップに沈めた。左後方からスピンをかけ、イーグルを奪った。

「打った地点からは見えなかったが、ギャラリーの反応で入ったと分かったんだ」(デラート)

 デラートはカナダで3回、南アフリカで1回、合計4回の優勝経験があるが、PGAツアーでは3回の2位フィニッシュが最高だ。

 週末もこれまでのやり方は変えないようだ。デラートは笑って言った。

「今日もそうだったように、早朝の4時45分に起きるようなことはしないよ」