RBCヘリテージ 2日目

池田勇太は63位で予選通過「もうちょっと余裕を持って、良い位置で(決勝に)行きたかった」

2017.4.15 16:54
ギリギリで予選突破を果たした池田勇太 ※写真はWGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権のもの Photo by Richard Heathcote/Getty Images

PGAツアー第23戦 RBCヘリテージ/サウスカロライナ州 ハーバータウンGL

 ヒルトンヘッド(サウスカロライナ州)で開催されているRBCヘリテージ。日本人選手は石川遼、池田勇太、谷原秀人の3人が出場している。池田は通算1アンダー63位タイで予選通過を果たした。

――予選を通過しました。

池田勇太(以下、池田) もうちょっと余裕を持って、良い位置で(決勝に)行きたかったのですが、昨日のコンディションに比べると、朝から身体の状態があまり芳しくなかった。トレーナーとも話をしたけど、初日とは違う感じでしっくりこないままスタートしたんですが、それがショットに影響したのかな。前半乱れた分、苦労したけど我慢、我慢で18番でバーディがきたのは大きかった。アウトに入ってからも出入りが激しかったけど、なんとか耐え忍んでやれたので、それはそれで良かった。

MORE:RBCヘリテージの最新スコアはここをクリック!

――8番のセカンドショット後、苦笑いをしていました。ボールは右ラフからピン右のカラーに……。

池田 考えて、一か八かみたいな感じで打った。いけそうな雰囲気が出ていた。(ピンまで)188ヤード、6番アイアン。本当に上手く打てたし、結果としてもすごく良かったので、その苦笑いです。木の下とか、木の上とか、左右も、ああいうショットが多いコースです。

――明日に向けて、ひと言お願いします。

池田 初日の(自分の)コンディションに戻して、明日こそは良いスコアで回りたいです。