RBCヘリテージ 最終日

ブライアンが地元サウスカロライナでツアー初優勝を挙げた!

2017.4.17 10:55
ウェズリー・ブライアンが4アンダー67でプレー。通算13アンダーで勝利した。 Photo by Jared C. Tilton/Getty Images

PGAツアー第23戦 RBCヘリテージ/サウスカロライナ州 ハーバータウンGL

下部ツアー賞金王がPGAツアー初勝利

 地元サウスカロライナ州出身のウェズリー・ブライアンは最終日、6バーディ、2ボギーの4アンダー67でプレー。通算13アンダーで2位のルーク・ドナルドに1打差をつけて、PGAツアー初優勝を飾った。

MORE:RBCヘリテージの最新スコアはここをクリック!

 サウスカロライナ大学のゴルフチームでプレーしたブライアン。この日は首位と4打差からスタートしたが、フロントナインの4番パー3から7番パー3までの4ホールでバーディを連取し、優勝争いに食い込んできた。15番パー5で6つ目のバーディを奪って首位に浮上し、そのまま逃げ切った。

 ブライアンは優勝賞金117万ドル(1億2600万円)を獲得。2018-2019シーズンまでのシード権と2018年のマスターズ出場権を獲得した。この勝利によって、ブライアンは子どもの頃からの大きな夢を叶えた。

 27歳のブライアンは、ユーチューブにアップされたトリックショットで知られる。昨年はウェブドット・コムツアーで賞金王に輝いた。サウスカロライナ州で唯一、開催されているPGAツアーの試合で、地元出身の選手が優勝するのは史上初めてだ。

 ブライアンはフロントナインでの4連続バーディで波に乗り、15番パー5で首位に立った後、16番パー4から18番パー4までの3ホールを2パットでパーセーブして逃げ切った。