えっ、パーシモン?

コブラが『King F7』ウッドグレイン(木目調)ドライバーを発表!

2017.4.19 11:20
ヘッド体積460CCの同『キング F7』は構造全体を通じて、高いミスへの許容性と、特にミスヒット時のボールスピード維持のため、フェース部分が5%大きくなっている Photo by Jonathan Wall/PGA TOUR

「コブラからはクラウン部分がどんなデザインになるか、何枚か写真を送られてきたんだ。現在のバージョンを見て、完璧だと思えたんだよ」と、デシャンボーはPGATOUR.COMに対して語った。「それがどんなに素晴らしいものになるか、想像できなかった。このプロセスに参加できたのは、本当に楽しいことだったよ」

 ヘッド体積460CCの同『キング F7』は構造全体を通じて、高いミスへの許容性と、特にミスヒット時のボールスピード維持のため、フェース部分が5%大きくなっている。

 また、フロント、バック、ヒールの3つ部分に重心を持つ調節可能なウエイトシステムにより、プレーヤーの好みとコースコンディションにより、異なる3つの弾道(低、高、ドロー)が可能となる。

 ヘッドは再設計された『Ti-811 E9』が採用され、前モデルよりさらに軽く薄いフェースとなっている。そして、ボールスピードを加速させる大きな「スイートゾーン」も併せ持つ。複合素材からなるテクストリーム・カーボンファイバーをクラウン部分に使うことで、ヘッドのトップ部分では7グラムほど軽量化し、ソール部分には重量の自由度が増し、打ち出し角と許容性改善につながった。

 この『キング F7』限定モデルのウッドグレインドライバーは、米国内で4月14日に発売され、価格は350ドル(約3万8000円)だ。