シュナイダージャンズが使った、フラットスティックって何だ!?

RBCヘリテージ ギア総まとめ

2017.4.20 11:00
グレーム・マクドウェルは、キャロウェイ『GBBエピック サブゼロ』ドライバーを使用した Photo by Streeter Lecka/Getty Images

 4層構造のツアーモデル『B330』は、ドライバーのスイングスピードが時速105マイルを越えるゴルファー向けにデザインされたものであり、前のモデルに比べコアが27%大きくなっている。コアのサイズが大きくなったことで、より効果的にエネルギーが伝わり、ボールのスピードが速くなる。

その他:

 グレーム・マクドウェルは、キャロウェイ『GBBエピック サブゼロ』ドライバーを使用した。数人の選手(ジェームズ・ハーン、チャールズ・ハウエルⅢ、カイル・レイファース)は、PXG『0311X』ドライビングアイアンを使っていた。このクラブは『0311』モデルに似たスタイルで、最小限のオフセットを持つ。オデッセイは全体が黒色の『オー・ワークス』パターを、コブラは『キングF7 LE』ウッドグレイン(木目調)のドライバーをそれぞれ発表した。