驚異的な売り上げを見せた第1弾に続き……

タイトリストが『コンセプトC16』アイアンの第2弾を発売

2017.4.20 10:10
タイトリストを代表する選手の一人、アダム・スコット Photo by Stacy Revere/Getty Images

 通常より手間がかかる販売方法であったが、サンフランシスコのベイエリアではアイアンの総売上の約2割をタイトリストが占めるという、驚異的な勢いでクラブは売れた。

「我々にとって、この結果はうれしい驚きでした」タルジは述べた。「そのクラブを使用したゴルファーに「感動する要因」を与えることができました。この結果は、組織が一丸となって生み出したものだと思っています。とてもうれしいですね」

 タイトリストは、第1弾販売時のユーザーの反応に感銘を受け、『コンセプトC16』アイアンの第2弾を発表した。限定1000セットで、今回は左利き用も発売される。

 複合素材の鍛造構造は、ロング及びミッドアイアン(4番~7番)に採用されたK301カップフェースから始めた手法だ。『AP1』よりも10グラムほど軽量化され、薄く強固に作られたフェースによって、ボールのスピードアップとキャリー距離の伸びを実現している。

『AP1』よりも7%大きくなったフェースが、薄く成形された17-4ステンレススチールのホローバックデザインと溶接されている。これにより、ヒールトゥに配置された重量に自由度が増すことで、ヘッドの重心は低く深度は深くなり、高い打ち出し角を実現する。