【今週はこの組に注目!】バレロテキサス・オープン

注目度No.1はリード、ムーア、そしてクーチャー組。石川遼はデシャンボーとスターリングスと同組!

2017.4.20 20:43
元世界ナンバーワンのルーク・ドナルドは先週の大会で2位だった Photo by Tyler Lecka/Getty Images

ジミー・ウォーカー(77)

キーガン・ブラッドリー(32)

ルーク・ドナルド(45)

 過去に全米プロゴルフ選手権で優勝経験のある2人が、元世界ランキング1位かつ、同じく全米プロゴルフ選手権勝者でもあるウォーカーとともにプレーする。ベイラー大学出身、現在テキサス州べルネ近郊に在住するウォーカーは、2015年の同大会覇者でもある。ブラッドリーは2011年に全米プロゴルフ選手権で優勝し、直近の3シーズンではPGAツアー最終戦・ツアー選手権出場を逃しているものの、目下調子を取り戻しつつある。ブラッドリーは自身のPGA初シーズンとなる2011年から2013年まで、3年連続でツアー選手権出場を果たしており、今シーズンのフェデックスカップ・ランキングでは現在32位。出場14試合中7回の25位以内フィニッシュが奏功している。ドナルドはRBCヘリテージでウェズリー・ブライアンに次ぐ2位でフィニッシュし、フェデックスカップ・ランキングで91位を急浮上した。

初 日:1番スタート12時40分(日本時間 金曜午前2時40分)

2日目:10番スタート7時40分(日本時間 22時40分)

アダム・ハドウィン(5)

コーディ―・グリブル(35)

ブルックス・ケプカ(37)

 全員20代というこの3人。そのうちハドウィンは今シーズンになってブレークした。グリブルは元・テキサス大学ロングホーンのプレーヤーで、やはり今年PGAツアー初勝利を手にしている。29歳のハドウィン、3月上旬のバルスパー選手権で初優勝し、その好プレーでプレジデンツカップ出場にも手が届きそうだ。カナダ出身のハドウィンは世界選抜ランキングで現在9位だ。今年、サンダーソンファームズ選手権で優勝した26歳のグリブルは、テキサス大学出身者ジョーダン・スピースのチームメートでもあった。この2人がいたテキサス大学チームは、2012年にNCAA選手権を勝ち取っている。一方のケプカは、今シーズンのベストフィニッシュはシュライナーズ・ホスピタル・フォー・チルドレン・オープンの2位。26歳のケプカは、プレジデンツカップの米国選抜チームのランキングでは現在20位だ。

初 日:10番スタート7時50分(日本時間 22時50分)

2日目:1番スタート12時50分(日本時間 土曜午前2時50分)