【勝者のセッティング】プレーヤーズ選手権

パーオン8回でも「69」につなげたショートゲームを支えた武器は?

2017.5.15 20:00
キム・シウがフロントナインで決めた3バーディで2打リードし、昨年8月のウィンダム選手権以来のツアー2勝目を達成した Photo by Warren Little/Getty Images

PGAツアー第27戦 プレーヤーズ選手権/フロリダ州 TPCソーグラス

 キム・シウがTPCソーグラス・プレーヤーズ・スタジアムコースにわずか2度目の挑戦で、プレーヤーズ選手権のタイトルを獲得した。この21歳は今週、ストロークス・ゲインド:パッティングのスタッツとしては+1.172で37位に過ぎないが、重要なところで、特に最終ラウンドにおいて他を圧倒するパッティングを見せ、優勝をたぐり寄せた。

 キムのスタッツも最終ラウンドに限れば、1位のパフォーマンスだったのである。パッティングにおいて全選手平均よりも3ストロークもゲインしているのだ。パーオンはわずかに8ホールに過ぎない中で、ボギーなしの「69」とスコアを伸ばし、後続に3ストロークの差をつけてタイトルを勝ち取った。

 キムはフロントナインで5.2メートル、7.3メートル、5.5メートルのバーディパットを次々に沈めて2打リードすると、その地位をそのままキープしてプレーを終え、この9ヶ月で2つ目のツアータイトルをつかんだ。

 スコッティ・キャメロンの『019M(Masterful)』パターは、クラシックなニューポート・スタイルのブレード・パターである。ヘッド素材にカーボンスティールを採用しており、ツアー・プレーヤーたちの多くが好む、ソフトな反応のよさを特徴としている。

 日曜のこの素晴らしいパッティングに加え、キムは週を通じてのスクラムブリングでも1位であった。タイトリスト『ボーケイデザイン SM6』の3つのウェッジを駆使して、27回の機会のうち22回を決めている。