プレーヤーズ選手権 最終日

キム・シウが通算10アンダーで勝利「ボクが史上最年少で優勝したなんて、まだ信じられないよ」

2017.5.15 11:55
キム・シウが3バーディ、ノーボギーの3アンダー69でプレー。通算10アンダーで勝利を手にした。 Photo by Sam Greenwood/Getty Images

PGAツアー第27戦 プレーヤーズ選手権/フロリダ州 TPCソーグラス

韓国出身の21歳が今大会の最年少優勝記録を更新

 韓国出身の21歳、キム・シウは最終日、3バーディ、ノーボギーの3アンダー69でプレー。通算10アンダーまでスコアを伸ばし、後続に3打差をつけて大会史上最年少で優勝トロフィーを手にした。

MORE:プレーヤーズ選手権の最新スコアはここをクリック!

 TPCソーグラスでは小さなミスが命取りになるが、最終日にノーボギーでプレーした選手はキムただ一人だった。メジャー以外では最大規模のこの大会で、キムはPGAツアー通算2勝目となるビッグタイトルを獲得した。

 キムは、この難コースの恐怖に怖気づくことはなかった。勝敗の行方は、最後の2ホールでキムが自壊するかどうかにかかっていた。アイランドグリーンを臨む17番パー3。後続に2打差をつけてティーグラウンドに立ったキムは、ティーショットをグリーンに乗せ、約14メートルを2パットでまとめてパーセーブした。

 続く18番パー4では、ティーショットをフェアウェイの真ん中に放ち、第2打をグリーン手前まで運ぶと、第3打のアプローチをピンそばに寄せてパーセーブで締めくくった。