【勝負を決めるのはココだ!】AT&Tバイロン・ネルソン選手権

テキサスの風と雨と暑さの中での戦いを制するのは?

2017.5.17 7:00
17番もグリーン脇に滝のある池を携えた美しいホール。見納めとなる今年の大会で記憶に残るプレーを期待したい Photo by Scott Halleran/Getty Images

PGAツアー第28戦 AT&Tバイロン・ネルソン選手権/テキサス州 フォーシーズンス・リゾート&クラブ

 昨年10月、PGAツアーはAT&Tバイロン・ネルソン選手権の会場が2018年からはトリニティフォレスト・ゴルフクラブに移ることを発表した。つまり、テキサス州アーヴィングのフォーシーズンス・リゾート&クラブ・ダラス・アット・ラスコリナスにとって、今年が156人の選手を迎える最後の年となるということだ。

 最初の14年間は、第1ラウンドと第2ラウンドを近隣のコットンウッドバレーとともに開催してきたラスコリナスだが、2008年の大会を前にD.A.ワイブリングによって改修され、それ以降は単独でこのトーナメントを開催することとなった。

 大会自体は1944年に始まった。その第1回大会に優勝したのが誰あろう、そう、この大会の名前ともなっている、バイロン・ネルソンその人である。ただし当人は、その回ともう一度しか出場していない。1945年にタイトル防衛のために出場し、3位になっている。

 このトーナメントの直近9人の勝者のうちの8人が今週出場する。出場しない1人は、2013年の勝者、ベ・サンムンである。彼は現在、韓国国民として兵役義務を果たしている。