売却額は4億2500万ドル

アディダス、テーラーメイドをKPSキャピタルパートナーズに売却

2017.5.17 18:35
KPSキャピタルパートナーズは、ニューヨークに本社を構える未公開株式投資会社 Photo courtesy of TaylorMade

 テーラーメイドがロリー・マキロイを新たな契約選手として迎えることを発表したおよそ24時間後、親会社であるアディダスは「KPSキャピタルパートナーズLP」に対し、テーラーメイド、アダムズゴルフ、アシュワースを合計4億2500万ドル(約478億円)で売却する最終契約書に署名したと発表した。

 発表によると、合意金額の半分は現金で支払われ、残りは担保付き手形と条件付き対価で支払われることになるという。慣習的な決算条件に従って、支払いは2017年後半に完了すると見られている。

 リリースでは、支払いについて次のように述べられている。「アディダスは、損益計算上の営業外費用で数千万ユーロから数億ユーロの範囲でマイナスの影響を与えるだろう。これは企業の2017年の決算の一部として非継続事業として報告されることになる」

「KPSキャピタルパートナーズ」は、ニューヨークに本社を持つ未公開株式投資会社であり、ユージーン・ケイリン、マイケル・ピサロス、デビッド・シャピロにより、1991年に設立された。主な事業は、素材、ブランド消費財、ヘルスケア、ラグジュアリー製品、自動車部品、耐久財、一般製品等の製造を行うメーカーへの投資だ。