母の日に合わせてリリース

タイトリストがピンクのプレーナンバーとサイドスタンプを持つ『Pro V1』を発表

2017.5.18 5:20
ピンクのプレーナンバー(通常のプレーナンバー(1~4)のみ)とサイドスタンプを持つボールはタイトリストの認定販売店から購入可能 Photos courtesy of Titleist

 母の日に向け、タイトリストはピンクのプレーナンバーとサイドスタンプを持つ『Pro V1』を販売した。タイトリストは過去にもピンクのカラーオプションを提供していたが、限定数のみの販売だった。

 他の『Pro V1』モデルとの唯一の違いは、通常のナンバーとサイドスタンプにブラックではなくピンクのインクが使用されていることだ。

 3層構造の『Pro V1』は、アダム・スコット、ウェブ・シンプソン、チャーリー・ホフマンなどがPGAツアーで使用しているボールで、同社が今まで製造した中で最も長きにわたり製造され続けているモデルだ。再設計された次世代2.0ZGプロセスコアにより、ショートゲームでのパフォーマンスを下げることなく、ロングゲームではスピン量を低減しスピードを上げることでさらなる飛距離を獲得する。

 352の四面体ディンプルデザインにより、前モデルと比べ突き抜けるような弾道と安定した飛距離を生み出している。その一方でウレタン・エラストマー・カバーが施され、5種類から4種類に改良されたディンプルパターンによって、さらに安定した表面に仕上がっている。

 ピンクのプレーナンバー(通常のプレーナンバー(1~4)のみ)とサイドスタンプを持つボールは、タイトリストの認定販売店から購入可能となる。カスタムオプションも可能で、文字と人気の高い「My Pro V1 」のロゴにピンクのバリエーションを追加した100種類以上のロゴから選択可能だ。