【今週はこの組に注目!】AT&Tバイロン・ネルソン選手権

前年覇者のガルシアはデイ&リードと、石川はガリガス&トリンゲールと同組に!

2017.5.18 6:00
地元在住のジョーダン・スピースは、初出場の16歳の時に記録した16位タイが自己最高位だ Photo by Andy Lyons/Getty Images

 今週の注目組は以下の通り。

 ※( )内は、フェデックスカップ・ランキングの順位

ブルックス・ケプカ(14)

ジェイソン・ダフナー(57)

イアン・ポールター(58)

 ダフナーは2012年、最終ホールで7メートルのパットを沈めて勝利を手にした。ケプカは昨年、プレーオフでガルシアに敗れて優勝を逃している。公傷制度の改定により出場権を獲得したポールターは、前週のプレーヤーズ選手権を2位タイで終えて、世界ランキングを197位から80位へと押し上げた。

初 日:10番スタート7時40分(日本時間 21時40分)

2日目:1番スタート12時40分(日本時間 土曜午前2時40分)

ジョーダン・スピース(7)

ブラント・スネデカー(43)

マット・クーチャー(52)

 スピースの今大会での自己最高位は、初出場の2010年に記録した16位タイだ。当時16歳だったスピースは、優勝争いに絡める位置で最終日を迎えた。TPCフォーシーズンズと相性の良いクーチャーは、単独3位で終えた前年大会を含めて、直近に出場した6大会のうち3回をトップ10で終えている。スネデカーの今大会での自己最高位は、2015年の6位タイだ。

初 日:10番スタート7時50分(日本時間 21時50分)

2日目:1番スタート12時50分(日本時間 土曜午前2時50分)