AT&Tバイロン・ネルソン選手権 初日

ハーンとバーンズが首位タイ発進「素晴らしいプレーになるという兆候を感じている」(バーンズ)

2017.5.19 12:38
ジョーダン・スピースは2アンダー14位タイ。 Photo by Drew Hallowell/Getty Images

 今週はブレードタイプのパターではなくマレットタイプのパターを使ったスピース。この日は17番目のホール、8番パー4で3メートルを沈めて、2連続バーディを奪った。

 ダラス出身のスピース、日頃よりパッティングの名手として知られているが、先週のプレーヤーズ選手権では予選落ちを喫して、自分のパッティングに苛立ちを感じていた。

「それほど新しいことは何もないよ」とスピースは話す。

 スピースの今大会でのベストフィニッシュは、16歳のアマチュア選手として出場した2010年の16位タイだ。

「ただ、ラインに乗せるのが少しだけよくなるね。パターで、転がしたいラインに乗せるのは、ボクがここのところ苦しんでいた部分だ。まだスピードは調整できていないけどね」(スピース)