カズヒロ・コヤマのギアPicks! 第62回

ツアープロが手放さない、プロモデルアイアンの球質

2017.5.20 6:06
PGAツアープロたちの糸を引くような弾道は必見だ Photo by David Cannon/Getty Images

 これに加えて、ボールが以前よりもずっと低スピン性能が高くなっていることが拍車をかける。同じクラブで打っても現代のボールのほうが、より風に強い低スピン弾道になりやすい。しかしそれは、プロにとって飛びすぎの危険をはらんでいるとも言えるわけで、より強いスピンをボールに与えるこのと出来るクラブの必要性は、以前よりも増している。

 曲がりにくく飛ばせるクラブは、同じ番手でもスピン量がかなり少ない。場合によっては、ショートアイアンのスピン量が、プロモデルのロング・ミドルアイアンと変わらないということもあるだろう。高さが出るので、その分止められるが、それでも、以前よりもグリーン奥にボールがこぼれているゴルファーはいないだろうか。

 軟鉄鍛造のマッスルバックに代表されるプロモデルは、同じ番手では飛距離は出ないかもしれないが、その糸を引くような弾道は美しい。上達志向のゴルファーなら、結果にこだわらずに、それらのアイアンを一度試したいものだ。