全米オープン 2日目

池田勇太「しっかりやり切ったのはやり切った」

2017.6.17 16:20
予選落ちという結果になった池田勇太 Photo by Gregory Shamus/Getty Images

PGAツアー第32戦 全米オープン/ウィスコンシン州 エリンヒルズ

 エリン(ウィスコンシン州)で開幕した今季メジャー第2戦の全米オープン。日本人選手は松山英樹、谷原秀人、池田勇太、小平智、宮里優作、今平周吾の6人が出場している。池田は通算2オーバーで予選カットに1打足らず予選落ちとなった。

――出入りの激しい内容で2日目は「74」というラウンドでした。

池田勇太(以下、池田) 決して悪くないゴルフだったと思う。惜しいチャンスもあったし、ダボ(ダブルボギー)が2つあったのが余計だったと思う。それ以外を除いては……と思う。ただ予選通過は厳しそうなので、最低限の目標も達成できなかったと言う意味では、悔いの残る大会になってしまった。

――インスタートで10番はダブルボギー発進でした。が、12番からは3連続バーディと見せ場もありました。

池田 もちろん取り返すつもりでプレーしていたし、最後まで望みを持ってプレーした結果の順位。納得はしていないですけど。