【勝者のセッティング】WGC−ブリヂストン招待

マレットパターに替えたばかりの松山がV

2017.8.8 8:35
Text by : ジョナサン・ウォール
松山英樹がパターをテーラーメイドに替えて、今シーズン3勝目を挙げた Photo by Sam Greenwood/Getty Images

PGAツアー第41戦 WGC−ブリヂストン招待/オハイオ州 ファイアーストーンCC

 松山英樹がWGCーブリヂストン招待を5打差で優勝。2016-17シーズンの勝利数を3に伸ばした。

 最終日に「61」ストロークをマークした松山だが、ティー・トゥ・グリーンではほぼ完璧なプレーを展開。ストロークス・ゲインドのカテゴリーでの成績を+14.936として全選手中1位だった。そのプレーを支えたのは、多様なメーカーのクラブの混成セット。キャロウェイ、テーラーメイド、ホンマ、クリーブランド/スリクソンだった。

MORE:PGAツアーを見るなら……LIVE ON DAZN

 松山は今週のファイアーストーンでのプレーに際し、セットの中身をひとつ替えている。テーラーメイドの『TP Collectiopn mullen』マレットパターを、これまでずっと彼のバッグの中で重要な位置を占めていたスコッティ・キャメロンの『GSS Newport 2 Timeless』に入れ替えていたのだ。このパターについては、製造過程で松山がヒール、トウ、そしてバック・フランジがスクエアに見えて違和感なく構えられるようリクエストしたと言う。

 昨年の10月に発表された『TP Collectiopn mullen』パターは、トラベラーズ選手権の期間中にロリー・マキロイも使っている。コンパクトなヘッドで、短い“S字”ホーゼルにより、わずかにトウが上がっているように見せている。

 松山はこの新しいマレットパターによって、ストロークス・ゲインド:パッティングも+3.051で15位にランクされた。