カズヒロ・コヤマのギアPicks! 第73回

WGC-ブリヂストン招待を制した、松山英樹のクラブセッティング

2017.8.8 16:45
仕上げの光沢に違いがあるキャロウェイ『グレートビッグバーサ』ドライバー ※左が海外仕様、右は日本仕様 Photo by Medialight

 昨年の今ごろ、松山英樹はちょっとしたスランプの渦中にいた。優勝争いの末、7位タイに終わったマスターズの後、最大の目標であるはずの全米オープン、全英オープンで予選落ち。その他の試合でも成績が芳しくなかった。いつも成績が安定している松山だけに、ちょっとした事件だったと言っていい。

MORE:PGAツアーを見るなら……LIVE ON DAZN

 クラブセッティングも、長年愛用していたドライバー、スリクソン『ZR30』を最新モデルに変更してみたり、アイアンをマッスルバックから、ハーフキャビティに替えたりと試行錯誤していたが、自身の調子と同様、上手くマッチしなかった。大型のマレットパターを試合に投入したこともある。結局、セッティングをある程度、元に戻した全米プロで、自己最高の4位となった。

MORE:マレットパターに替えたばかりの松山がV

 それからの1年、その活躍は語る必要がないだろう。今週、WGC-ブリヂストン招待を制し、今季はWGC2勝を含む3勝。さらに日本で2勝したほか、ヒーロー・ワールドチャレンジでも勝利し、先日の全米オープンでも2位に入っている。世界ランキングは現在3位で、押しも押されもしないトッププレーヤーのひとりに成長した。そのクラブセッティングも、昨年と比較して、より信頼できるものになっていることは、疑いようがない。