全米プロゴルフ選手権 2日目

キスナーが首位をキープ「メジャーで戦えるくらいのゴルフができると感じている」

2017.8.12 11:42
リッキー・ファウラーは通算3アンダー暫定7位につけている Photo by Warren Little/Getty Images

 リッキー・ファウラーもこの日、自分のやるべきことをすべく、努力した。フェアウェイキープするために、時には守りのプレーをし、ラウンド序盤は大きい数字に繋がることは避けていった。

 12番パー4では、20メートル弱のチップショットが傾斜を上り切らず、自分の足元に戻ってきてしまったが、次のショットでピンそば1.5メートルに寄せ、ボギーで抑えた。

 その後、2つのバーディを拾ったファウラー。残りはパープレーでまとめて1アンダー70とし、通算3アンダー暫定7位タイにつけている。

 この日の午前中にスタートした選手で、キスナーに近づいた者は誰もいなかった。フィル・ミケルソンもその1人だ。今大会31ホール目にしてようやく初バーディを取ったものの、時すでに遅し。3オーバー74でホールアウトし、1992年以来、全米プロゴルフ選手権で初めての予選落ちを喫した。

 ニュージーランドのライアン・フォックスが、同大会としては好スコアの5アンダー66をマークし、通算1アンダー暫定11位タイまで順位を上げた。