全米プロゴルフ選手権 3日目

松山「最後の3ホールで、面白い位置にいられたらいい」

2017.8.13 21:38
松山英樹は3日目、1バーディ、3ボギーの通算6アンダーで2位タイに後退した Photo by Stuart Franklin/Getty Images

PGAツアー第42戦 全米プロゴルフ選手権/ノースカロライナ州 クェイルホローC

 シャーロット(ノースカロライナ州)で開催されている今季メジャー第4戦の全米プロゴルフ選手権。松山は通算6アンダー2位タイに後退したが、首位のケビン・キスナーとは1打差に位置している。

――前半のショットの状態を考えると、この(首位と)1打差はいい位置ではないでしょうか。

松山英樹(以下、松山) そうですね。自分のプレーの内容にはすごく不満があって、気持ちは凄く下がりますけど、(首位と)1ストローク差というのはテンションが上がりますね。

――今週、スイングの状態が良くない理由は?

松山 それはやっぱり少しはこう、優勝争いしているというプレッシャーもあります。まあ、ずっと今週、自分の中で何て言うんですか、違和感があったものが今日思い切り出てしまったなって感じですね。

MORE:PGAツアーを見るなら……LIVE ON DAZN

――その中で上手く耐えていました。

松山 まあ、そうですね。耐えていましたね。

――結果的に首位と1打差ですからね。

松山 そうですね。助かりました。