JAL選手権 最終日

ワトソン「ギャラリーがゴルフへの情熱を持って応援してくれた」

2017.9.11 5:00
トム・ワトソンは通算3アンダー34位タイ終戦 Photo by Yoshihiro Iwamoto

PGAツアー・チャンピオンズ JAL選手権/千葉県成田市 成田GC

 成田市(千葉県)で開催された日本初開催となったJAL選手権。今大会はPGAツアー・チャンピオンズ56選手と、招待された日本シニアツアー7選手の計63人が出場している。トム・ワトソン(米国)は3日間トータル3アンダー34位タイで大会を終えた。

――今日のラウンドを振り返って……。

トム・ワトソン(以下、ワトソン) 昨日よりも良いプレーができたので満足しています。本当はエージシュートを狙っていたんですよ。今、68歳なんですけどね。3番でドライバーが右にいってしまい、池に入ったのでボギーになってしまい、そのせいでエージシュートは果たせなかったですね。

 コースが難しく、特にピン位置がグリーンのエッジにあるので、リスクを伴う分、余計に難しいですね。ここでは、3日間を通してピンには寄らなかったです。

MORE:F1 シンガポールGPを見るなら……LIVE ON DAZN

――全体的にコースの状態はどのように感じましたか。

ワトソン コースはとにかく素晴らしく、グリーンはシルクのようです。フェアウェイももちろん完璧です。天気も良くなりましたし、楽しい1週間でした。

――日本のファンはどうでしたか。

ワトソン すべてのギャラリーがゴルフへの情熱を持ち、敬意を持って応援してくれました。とてもありがたいです。

最終日のラウンド後、トム・ワトソンのサインを貰うため、長蛇の列ができた Photo by Yoshihiro Iwamoto