人気のアイアンシリーズ!

タイトリストが『718シリーズ』を発表し、新たに『AP3』を追加

2017.10.10 7:00
Text by : ジョナサン・ウォール

718 AP2

 ジョーダン・スピース、ジェイソン・ダフナー、そしてビル・ハースが『AP2』に信頼を寄せているトップ選手だ。トップ選手からの支持を受け、タイトリストは打感、一貫性、ミスへの許容性の向上を重視し、ロフトパッケージの変更を控えてきた。

「我々は選手が『AP2』に求めてきたものを把握しています」イネス氏は述べた。「彼らが改善して欲しいと望むものもあります。けれども、多くの部分でアイアンについて望むのは、変更をしないことだということも分かっていたのです。私たちはいつでも製品を作るときにこのことを検討に入れています」

『718 AP2』と全モデルとの最も大きな変更点は、新たな日本製の高力バネ鋼の追加だ。これはSUP10 とも呼ばれるもので、3番から6番アイアンの鍛造されたボディとフェースインサートに、トップには1.8ミリ、ボトムには2.1ミリ使われている。

 過去に、タイトリストは『AP2』の製造には1025カーボンスチール(本体)と17-4ステンレススチール(フェース)を使っていた。しかし、より軽量な素材に変更することで、ボールスピードと早め、打ち出し角を高くするため、ヘッドの重心を低く配置しやすくなった。

 7番アイアンは3ミリの1025ステンレススチールのフェースインサートを持ち、8番からPWでは打感とコントロール向上のため1025カーボンで鍛造されている。

 3番~7番アイアンでは、さらなるミスへの許容性と安定性をもたらす慣性モーメントを高くするため、ヒールとトウにCo-Forgedという新しい鍛造法で作られた高密度タングステンが配置されている。タングステン包むためにステンレススチールキャップを使用する代わりに、ニッケルが注入されたタングステンキャップが加えられ、外周に重量をもたらす。平均で57.4グラムのタングステンがそれぞれのクラブヘッドに使われている。

 SUP10のフェースインサート、またはニッケルが注入されたキャップは注目を集めるまでにはいかなかった一方で、タイトリストは新たに『MB/CB』の形状にヒントを得たターフインタラクションを強化するプレウォーンリーディングエッジを加えた。

 タイトリスト『718 AP2』は9月29日に米国で発売し、価格は8本で1300ドル(約14万1500円)、トゥルーテンパー『ダイナミックゴールドAMTツアーホワイトスチール』が搭載される。