米国での一般販売は10月初旬予定!

DJのNEWシューズ、アディダス『ツアー360』

2017.10.10 4:00
Text by : グレッグ・モンテフォルテ
ダスティン・ジョンソンはフェデックスカップ・プレーオフの一戦ノーザントラストで勝利した際に、アディダス『ツアー360』を履いていた Photos by adidas Golf

 ダスティン・ジョンソン(DJ)が新製品アディダス『ツアー360』を履いた初の大会(ノーザントラスト)で勝者となり、2017年のフェデックスカップ・ポイントで一時的ではあるが首位に立った(情報は9月7日時点)。最近発売されたアディダスのツアーレベルシューズにとっては、まずまずのデビューとなった。

 ジョンソンがアディダス『ツアー360』を着用するのは初めてではない。彼はプロに転向して以来、ずっと『ツアー360』シリーズを愛用してきた。彼がPGAツアーで2008年に初勝利を挙げた際には『ツアー360LTD』を履いていた。さらには、昨年の全米オープンで初のメジャー勝利の際にも、『ツアー360ブースト』を履いていた。

 当然、『ツアー360ブースト』はジョンソンが愛用するシューズだ。アディダスのチームは新世代シューズの開発について彼に意見を求めた際に、何も変更することはないと伝えた。認証作業を問題なく終えていながら、革新的なことを行うことはチームにとって挑戦でもあった。プロセス全体を通して、デザイナーはDJが発したいくつかのコメントに注目し、このシューズを次のレベルへと引き上げるため、彼のこの助言を広い意味で採用した。結果として、新しい『ツアー360』は前モデルよりもわずかではあるものの、著しい変更がなされている。

MORE:今なら1カ月間無料視聴可能。大リーグのポストシーズンを見るなら……LIVE ON DAZN

 1つ目の改善点は、安定性だ。ブーストが搭載されたミッドソールの上に配置されているアップグレードされたトッププレートのアウトソールにより、スイング時に自然に足が曲がる。

「我々は『ARMISテスト』と呼び、ゴルフスイング中の足のマッピングを行い、その結果を使用しました。その結果から、靴の内側で負担がかかる場所を特定しました」と、アディダスゴルフのグローバルフットウェア部門のディレクター、メイスン・デニソンは述べた。