【今週の会場はTPCクアラルンプール】CIMBクラシック

南国のナショナル・オープンを開催する名門コース

2017.10.10 11:00
ツアー初優勝したこの大会の2連覇に成功した昨年のトーマス Photo by Stanley Chou/Getty Images

昨年大会:トーマスがツアー初勝利から1年後に2勝目を挙げた

 ジャスティン・トーマスが前年に初めて獲得したPGAツアータイトルの連覇を、アニルバン・ラヒリを退けて成功した。最終ラウンドのスコアは8アンダーの「64」ストロークだが、これはこの日のベストであり、次点の選手を2打も上回るスコアだった。

 トーマスは最終日をラヒリから4ストロークのビハインドでスタートしたが、出だしの5ホールで4バーディを決めた。トップだったラヒリは3番ホールでクアドラプルボギー(パーより4打多いスコア)を叩いてしまう。そこから、トーマスはさらにバックナインで3つのバーディを加え、17番、18番と連続バーディを決めるなど「66」で追い上げて2位に入った松山英樹に3打差をつけての優勝だった。

 トーマスは3日目のラウンド中にアラインメントの問題を解決したといい、終盤の足掛け2日の23ホールで13アンダーを記録している。また、トーマスのこの優勝はCIMBクラシックの連覇だったが、PGAツアーにおいて連覇は2015年のアーノルド・パーマー招待でマット・エブリーが達成して以来だった。

その他:「次の2連覇」を目指すのは誰か?

 PGAツアーの新しいシーズンの開幕戦だったセーフウェイ・オープンから連続出場するのは合計で29選手。エミリアーノ・グリロはその前週のプレジデンツカップからの3週連続出場である。

 この大会が2013年にTPCクアラルンプールに移って以来、連覇がここでのスタイルになっている。2013年から2年連続優勝したのはライアン・ムーア、そしてその次の年からトーマスが2年連続で優勝している。

 この大会の歴史は2010年に始まったばかりだが、すべての回に出場した選手はいない。ムーアとマーク・リーシュマン、そしてジョン・センデンがこれまでの7回のうち6回出場しているのが最多だ。しかし今年、この3人はエントリーしていない。

フェデックスカップ・ポイント

 優勝者には500ポイントが付与される。