キャロウェイと契約を締結するか?

ガルシア、15年間続いたテーラーメイドとの契約を終了

2017.10.13 5:00
長年、テーラーメイドの顔だったセルヒオ・ガルシア Photo by Andy Lyons/Getty Images

 セルシオ・ガルシアが結んでいたテーラーメイドゴルフ社とのギア契約は、15年を経て終了に至ったことが明らかになった。同社は声明の中で、両者は現在の契約による残りの契約期間について継続しないことに合意したと発表した。

「プレーヤーズ選手権や19度の世界の大会での優勝、ライダーカップでの活躍、そして2017年のマスターズ制覇といった彼のキャリアを通して、我々がその役割を果たせたことは光栄でした」と、テーラーメイドの代理人は話した。「我々はセルヒオのキャリアを祝福するとともに、今後の活躍をお祈りしています」

 ガルシアは、テーラーメイドとの契約期間で、世界ゴルフランキングは最高で2位につけ、同社のフルセットで臨んだ2017年マスターズで自身初のメジャー制覇を成し遂げた。

MORE:今なら1カ月間無料視聴可能。MLBのポストシーズンを見るなら……LIVE ON DAZN

 2016-17年シーズンの終了時まで、テーラーメイドとの契約期間はまだ残っていたが、フェデックスカップ・プレーオフには新しいギアのテストを始めており、オデッセイゴルフとトゥーロンデザインのパターを使用している姿が目撃されていた。ツアーシーズンを終え、欧州ツアーのブリティッシュマスターズでは、58度のキャロウェイ『MD4』ウェッジをゴルフバックに入れたガルシアの姿が写真に撮られている。

 ガルシアの最近のギア追加について、キャロウェイはコメントを出していない。しかし、彼がテストを行っているクラブを見てみると、来年はキャロウェイへの移行を考えているようだ。