【今週の会場はCJカップ・アット・ナインブリッジズ】

韓国でPGAツアー初開催! 9つ目の橋は世界の人々につなぐ架け橋

2017.10.17 6:00
PGAツアーのレギュラートーナメント開催前に、プレジデンツカップが2015年に行われた Photo by David Cannon/Getty Images

PGAツアー第3戦 CJカップ・アット・ナインブリッジズ/韓国 ナインブリッジズ

コース:LPGAが大会を4年間開いたコース

 ザ・クラブ・アット・ナインブリッジズ、全長7196ヤード、パー72。朝鮮半島の南にあるリゾート、済州島にオープンしたのは2001年。韓国では唯一、世界のトップ100コースにランクされているコースである。

 設計家ロナルド・フリームとデビッド・デールが協力して済州島に造成し、現在は休火山となっているマウント・ハッラの麓の松林の中に巧みにレイアウトを展開した。このクラブはLPGAが最初にスケジュールに組み込んだアジアのコースの一つであり、そのときは朴セリが2002年に初優勝している。

MORE:今なら1カ月間無料視聴可能。Vリーグ、MLB、NFLを見るなら……LIVE ON DAZN

 ナインブリッジズはまた、2年に1度の世界クラブチャンピオンシップの永年開催コースでもある。この大会は、世界各国のトップレベルのクラブのチャンピオンたちが集まり、国際的なタイトルを競うものである。

 ナインブリッジズという名前だが、実在する橋は8つである。9番目の橋は、クラブとメンバー、そしてゲストとの間に架けられているとされる比喩的な橋なのである。

72ホール記録:

 第1回大会であるため、記録はまだない。

18ホール記録:

 第1回大会であるため、記録はまだない。

その他:記念すべき第1回大会を制するお祭り男は?

 今回のCJカップ第1回大会に出場する中のふたりは、過去に“第1回大会”で優勝した経験を持つ。1人は2003年のデル・テクノロジーズ選手権の第1回に勝ったアダム・スコット。もう1人は、2007年のナショナルの第1回に勝ったK.J.チョイである。

 合計21名のプレーヤーが、始まったばかりの2017−18シーズンにおいて3戦目、つまりすべてのトーナメントに出場している。エミリアーノ・グリロは開幕直前のプレジデンツカップにも出場していたため、4週連続のプレーとなる。

 ナインブリッジズは4年間、LPGAの大会を開催したが、その4年ともに韓国人プロが優勝している。第1回大会での朴セリの後は、グレース・パクが彼女の6つのタイトルのうちの1つをここで挙げている。

フェデックスカップ・ポイント

 優勝者には500ポイントが付与される。