カズヒロ・コヤマのギアPicks! 第80回

PXGが訴えた、テーラーメイドの新アイアン

2017.10.28 22:10
テーラーメイドのアイアンを使用しているジェイソン・デイ Photo by Andrew Redington/Getty Images

 米国での発売から遅れること1カ月余り(原稿執筆時点)。日本でもテーラーメイドの新アイアン、『P790』が発表になった。すでに発表になっている『P750ツアープロト』、『P770』と同様、日本ではカスタムメイド限定のモデルとなる。

 ドライバーをはじめとするウッド類の印象が強いテーラーメイドだが、当然ながら契約プロたちは、皆、同社のアイアンを使用していてPGAツアーでの使用率は高い。中でも今年になって発売された、『P700』シリーズは、ジェイソン・デイ、セルヒオ・ガルシア(※両者とも『P750ツアープロト』)など、トップ選手が使用している。

MORE:今なら1カ月間無料視聴可能。ワールドシリーズを見るならDAZN(ダ・ゾーン)で!!

 今回、『P790』と同時に発表された『P730』は、軟鉄鍛造のマッスルバックアイアンで、ローリー・マキロイとジャスティン・ローズが、そのプロトタイプ(※『RORS PROTO』、および『ROSE PROTO』)を実戦に投入している。こちらも、マキロイの電撃的なテーラーメイドとの用品契約の話題もあって、注目を集めているモデルだ。

 『P790』は、それら他の『P700』シリーズとは異なり、中空構造と複数の素材を採用することで、よりやさしさを持たせたアイアンだ。7番アイアンのロフト角は30.5度と、プロモデルの中ではかなりのストロングロフトで、飛距離性能を高める意図が分かる。

 フェース厚が1.75mmという、L 型 ICT(インバーテッド・コーン・テクノロジー)フォージドフェースと、12gのタングステンウェイトを組み合わせて、高初速とスイートエリアの拡大を実現している。そのため、見た目はスッキリとシャープだが、ミスに強く、ボールが上がりやすい特性を持つ。