OHLクラシック・アット・マヤコバ 2日目

ファウラーが首位と1打差の通算10アンダー暫定2位タイに浮上

2017.11.11 11:15
リッキー・ファウラーは第2ラウンドの15ホール終了時点で通算10アンダー暫定2位タイ Photo by Cliff Hawkins/Getty Images

PGAツアー第7戦 OHLクラシック・アット・マヤコバ/メキシコ エル・カマレオンGC

ファウラーが今大会初出場初優勝を狙う

 OHLクラシック・アット・マヤコバ2日目は雨のため進行が遅れ、日没サスペンデッドとなった中、リッキー・ファウラーの活躍が光った。今大会初出場のファウラーは世界ランキング10位と出場選手の中で最上位。5週間の休暇明けとなった今季初戦で上位争いに食い込んでいる。

MORE:OHLクラシック・アット・マヤコバの最新スコアはここをクリック!

 ファウラーは3ホールを残してこの日のプレーを終了した。15ホール終了時点で5バーディ、1ボギー。首位と1打差の通算10アンダー暫定2位タイとなり、初日に単独首位に立ったパットン・キザーに並んだ。キザーはこの日、18ホールをプレーして1アンダー70(パー71)だった。

 この日、10番スタートだったパトリック・ロジャースは、前半に3つのバーディを奪った後、折り返し後の3番パー4から6番パー4までの4ホールで連続バーディを獲得(ノーボギー)して首位に浮上した。

 ロジャースも3ホールを残してプレーを終了。ファウラーとキザーに1打差をつけ、通算11アンダー暫定単独首位に立った。