OHLクラシック・アット・マヤコバ 3日目

【速報】キザー、ロジャース、ファウラーが通算10アンダー暫定首位タイ

2017.11.12 9:03
リッキー・ファウラーは第2ラウンドの残り3ホールをパーでホールアウトし、通算10アンダーで首位に並んだ Photo by Rob Carr/Getty Images

PGAツアー第7戦 OHLクラシック・アット・マヤコバ/メキシコ エル・カマレオンGC

 プラヤ・デル・カルメン(メキシコ)で開催されているOHLクラシック・アット・マヤコバ。日本人選手は出場していない。大会3日目も前日からの遅延の影響で日没サスペンデッドになった。パットン・キザー(米国)、パトリック・ロジャース(米国)、リッキー・ファウラー(米国)の3人が通算10アンダーで首位に並んでいる。

MORE:OHLクラシック・アット・マヤコバの最新スコアはここをクリック!

 大会3日目は第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行われたが、この日も荒天のためスタートが遅れ、成績上位者は第3ラウンドをスタートすることができなかった。

 2日目終了時点で通算11アンダー暫定首位だったロジャースはこの日、第2ラウンドの残り3ホールをプレー。8番パー3でボギーを叩き、通算10アンダーで首位に並んだ。

 2日目終了時点で通算10アンダー暫定2位タイだったファウラーもこの日、第2ラウンドの残り3ホールをプレー。3ホールともパーでホールアウトし、同じく通算10アンダー首位タイとなった。

 2日目終了時点で通算10アンダー暫定2位タイだったキザーは、前日に第2ラウンドを終えていたため、この日は第3ラウンドをプレーするためコースで待機していたが、1ホールもプレーできなかった。

 その結果、キザー、ロジャース、ファウラーの3人は明日、現地時間7時35分スタートで1日36ホールをプレーすることになった。