OHLクラシック・アット・マヤコバ 最終日

【速報】キザーが通算19アンダーでツアー初優勝

2017.11.13 7:53
パットン・キザーが通算19アンダーまでスコアを伸ばし、ツアー初優勝を手にした Photo by Rob Carr/Getty Images

PGAツアー第7戦 OHLクラシック・アット・マヤコバ/メキシコ エル・カマレオンGC

 プラヤ・デル・カルメン(メキシコ)で開催されたOHLクラシック・アット・マヤコバ。日本人選手は出場していない。最終日は第3ラウンドの残りと最終ラウンドが行われた。パットン・キザー(米国)が通算19アンダーでツアー初優勝を挙げた。

MORE:OHLクラシック・アット・マヤコバの最新スコアはここをクリック!

 最終日は第3ラウンドの残りと最終ラウンドが組み合わせ変更なしで行われた。通算10アンダー暫定首位タイで迎えたキザー、リッキー・ファウラー(米国)、パトリック・ロジャース(米国)の3人は、第3ラウンドで明暗が分かれた。

 キザーは第3ラウンドを5アンダー66(パー71)でプレー。通算15アンダー単独首位に立った。ファウラーも第3ラウンドを4アンダー67でプレー。通算14アンダーで首位と1打差の2位につけた。

 一方、ロジャースは第3ラウンドで1オーバー72とスコアを落とした。通算9アンダー7位タイに後退した。

 続く最終ラウンドは、キザーが前半で3バーディを奪い、リードを広げた。11番パー4でもバーディを重ね、後続に4打差をつけた。

 追いかけるファウラーは、前半でスコアを1つしか伸ばせなかったが、後半に入って猛追。13番パー5のバーディで追撃を開始すると、16番パー4と17番パー4で連続バーディを奪い、キザーと1打差まで迫った。

 しかし、18番パー4でファウラーはバーディを奪うことができず、キザーは2オン2パットでパーセーブを果たし、通算19アンダーで勝利を手にした。ファウラーは首位と1打差の通算18アンダー2位だった。