RSMクラシック 最終日

クックが初優勝「モチベーションを維持し、やるべきことに冷静に対処することができた」

2017.11.20 11:57
オースティン・クックが3アンダー67(パー70)でプレーし、通算21アンダーでツアー初優勝を挙げた Photo by Stan Badz/PGA TOUR

PGAツアー第8戦 RSMクラシック/ジョージア州 シーアイランド・リゾート

26歳のルーキーが後続の追撃を振り切って初優勝

 アーカンソー州出身のツアールーキー、オースティン・クックは最終日、優勝経験のある強豪選手たちの追撃をかわし、ツアー初優勝を果たした。

MORE:RSMクラシックの最新スコアはここをクリック!

 冷たい強風が吹きつけたシーアイランド・リゾートのシーサイドコース。ツアールーキーのクックは、ブライアン・ゲイ、クリス・カーク、ケビン・キズナー、ブライアン・ハーマンといったベテラン選手たちの追撃を振り切った。

 クックは4バーディ、1ボギーの3アンダー67(パー70)でプレー。スコアを通算21アンダーに伸ばし、単独2位のJ.J.スパウンに4打差をつけて勝利をもぎ取った。

 今回の優勝により、クックは来年5月のプレーヤーズ選手権への出場権を獲得した。

「強風の中で非常にエキサイティングなプレーになった。スロースタートではあったけど、モチベーションを維持し、やるべきことに冷静に対処することができたんだ。この強風のコンディション下では何が起きるか分からないからね」(クック)