WEEKLY TOUR REPORT Vol.87

今季から石川遼の主戦場となる、ウェブドット・コムツアーって何だ!?

2017.12.3 15:30
Text by : レイコ・タケカワ
石川遼は来年、下部ツアーからPGAツアー昇格を目指す! Photo by Jonathan Ferrey/Getty Images

 ところで、この下部ツアー、現在のウェブドット・コムツアーが大きく変わったのは、2013年から。それまでは、11月末から12月に行なわれる最終予選会に合格すれば、すぐに翌年から始まるPGAツアーで戦うことができた。

 それが2013年からは、最終予選会で得られる資格はウェブドット・コムツアーの出場権のみ、となった。これは、PGAツアーの「(PGAツアーで戦うのは)まずはウェブドット・コムツアーでツアー生活を経験し、そこで結果を残してから」という強い意思を示したもの。以来、ウェブドット・コムツアーの出身者を“卒業生”と呼ぶようになったが、それは同ツアーの厳しい戦いをくぐり抜けてきた選手を称えてのことだ。

 実際、最近の“卒業生”は素晴らしい成績を挙げている。2016年のウェブドット・コムツアー“卒業生”は、翌2016-2017シーズンのPGAツアーにおいて、10回も優勝を飾っているのだ。その中には、2016-2017シーズン最終戦のツアー選手権を制すなど、ツアー2勝を挙げたサンダー・ショーフリもいる。

 さて、石川がウェブドット・コムツアーからPGAツアーへと復帰を果たすためには、再び“入れ替え戦”で上位に入ることがひとつ。それ以外にも、別の道がもうひとつある。

 ウェブドット・コムツアーには、“プロモーション”という制度があり、同ツアーで同年に3勝を挙げると、その瞬間にPGAツアーへと昇格できる、というものだ。最近では、2016年にウェズリー・ブライアンが成し遂げている。

 何はともあれ、来年1月~3月まではウェブドット・コムツアーで戦うという石川。その間には7試合が開催されるが、今年最後の試合で見せた勢いそのままに、いきなり爆発することを期待したい。そして、完全復活を果たし、再びPGAツアーで活躍する日が来ることを待ち望んでいる。