WGC−デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権

  • 期間: 2017年3月22日 - 3月26日
  • 賞金総額: 975万ドル
  • 優勝賞金: 166万ドル
  • FedExCupポイント: 550pt

2017.3.30

  • WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 ギア総まとめ
    DJの調整、谷原&スネデカーのパター変更etc.

    WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 ギア総まとめ

     ダスティン・ジョンソンは飛ばし屋だ。通常、多くのゴルファーにとって、飛距離があることは問題にはならないが、世界トップランクの選手の場合は、単に遠くへ飛ばすだけでは十分だとは言えない。PGAツアーのコースでは、正確性とキャディバッグの中にあるすべてのクラブの番...
  • えっここから!? ラファ・カブレラ・ベロのミラクルショット
    【WGC−デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権】

    えっここから!? ラファ・カブレラ・ベロのミラクルショット

     WGC−デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権でラファ・カブレラ・ベロがグリーン周りの崖下からピンに寄せたミラクルショット。
  • 412ヤード!! ロリー・マキロイのビッグドライブ
    【WGC−デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権】

    412ヤード!! ロリー・マキロイのビッグドライブ

     WGC−デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権に出場したロリー・マキロイ。大会期間中に彼が放ったティショットが412ヤードに到達し、話題を集めた。

2017.3.29

  • ハースのティーショットがラッキーバウンドでピンそばに寄った!
    【WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 最終日】

    ハースのティーショットがラッキーバウンドでピンそばに寄った!

     ビル・ハースは3位決定戦の11番パー3のティーショットをピンの左に打ち出したが、ボールは斜面に当たってピン方向に転がり、ピンそば60センチに寄った。このラッキーショットには対戦相手の谷原も笑い返すしかなかった。

2017.3.28

  • 苦しんだのは谷原戦のみ!? 圧倒的だったダスティン・ジョンソンの勝利
    数字で振り返る、WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権

    苦しんだのは谷原戦のみ!? 圧倒的だったダスティン・ジョンソンの勝利

     先週行われた世界ゴルフ選手権シリーズ、WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権でのダスティン・ジョンソンの数字で振り返る。
  • 谷原秀人のホールインワンが1位(WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権、プエルトリコ・オープン)
    【ショット・オブ・ザ・ウイーク】

    谷原秀人のホールインワンが1位(WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権、プエルトリコ・オープン)

    先週のベストショットに選ばれたのは、WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権3位決定戦の谷原秀人のホールインワン。207ヤードの7番パー3で8番アイアンを振り抜くと、ボールは絶妙な弾道と転がりでカップに飛び込んだ。

2017.3.27

  • 【3位決定戦】谷原秀人が2&1でビル・ハースに破れ、4位に!
    【WGC−デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 最終日】

    【3位決定戦】谷原秀人が2&1でビル・ハースに破れ、4位に!

     オースティン(テキサス州)で開催されたWGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権。日本人選手は松山英樹、池田勇太、谷原秀人が出場したが、松山と池田は予選敗退となった。  日本人で唯一、決勝トーナメントに進出し、ベスト4まで駒を進めた谷原は、準決勝でダスティン・ジョンソン(米国)と接戦を演じたが、惜しくも敗れた。3位決定戦ではビル・ハース(米国)と対戦。2&1で敗れて4位となった。
  • 準決勝でDJに敗れた谷原「すべてが上手い選手だなと思って見ていました」
    【WGC−デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 最終日】

    準決勝でDJに敗れた谷原「すべてが上手い選手だなと思って見ていました」

     オースティン(テキサス州)で開催されたWGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権。日本人選手は松山英樹、池田勇太、谷原秀人が出場したが、松山と池田は予選敗退となった。  日本人で唯一、決勝トーナメントに進出し、ベスト4まで駒を進めた谷原は、準決勝でダスティン・ジョンソン(米国)と接戦を演じたが、惜しくも敗れた。
  • 【準決勝】谷原秀人はダスティン・ジョンソンに1アップで敗戦!
    【WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 最終日】

    【準決勝】谷原秀人はダスティン・ジョンソンに1アップで敗戦!

     オースティン(テキサス州)で開催されたWGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権。日本人選手は松山英樹、池田勇太、谷原秀人が出場したが、松山と池田は予選敗退となった。  日本人で唯一、決勝トーナメントに進出し、ベスト4まで駒を進めた谷原は、準決勝でダスティン・ジョンソン(米国)と接戦を演じたが、惜しくも敗れた。
  • 『スパイダー・ツアー』で沈めた距離は169メートル以上!
    【勝者のセッティング】WGC−デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権

    『スパイダー・ツアー』で沈めた距離は169メートル以上!

     ダスティン・ジョンソンが素晴らしいパフォーマンスでWGC−デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権を制し、出場したPGAツアーの3戦3勝という快挙を遂げた。  世界ランキング1位に上り詰めたジョンソンは、マッチプレーの7戦のすべてで後塵を拝することなく、最...
  • ジョンソンが勝利「自分のプレーを諦めずにやり続けたことを、誇らしく感じるよ」
    WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 最終日

    ジョンソンが勝利「自分のプレーを諦めずにやり続けたことを、誇らしく感じるよ」

     終始圧倒的な強さを見せたダスティン・ジョンソンが、WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権で勝利を飾った。これにより、ジョンソンは史上初めてWGC選手権シリーズをすべて制覇したことになる。 ジョンソンは全7試合112ホールを通じ、対戦相手に一度もリードを許...
  • 谷原が7番パー3でホールインワンを達成!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    谷原が7番パー3でホールインワンを達成!

    WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権最終日のベストショットは、谷原秀人の3位決定戦7番パー3のホールインワン。ピンまで207ヤードのティーショットで8番アイアンを振り抜くと、グリーンに着地してから絶妙な転がりでカップインした。
  • ジョンソンがWGC4大会をすべて制覇!
    【本日のハイライト 決勝、3位決定戦】

    ジョンソンがWGC4大会をすべて制覇!

    世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンがスペインの新星ジョン・ラームの挑戦を退け、1アップで勝利した。谷原秀人とビル・ハースが対戦した3位決定戦は、谷原が7番パー3でホールインワンを達成したが、ハースが逆転して2&1で勝利した。
  • ジョンソンとラームが決勝進出
    【本日のハイライト 準決勝】

    ジョンソンとラームが決勝進出

    ダスティン・ジョンソンは谷原秀人と対戦し、1アップで勝利。ジョン・ラームはビル・ハースと対戦し、3&2で勝利した。これにより、決勝の対戦カードはジョンソン対ラームになり、3位決定戦は谷原対ハースの対戦に決まった。
  • 谷原が絶妙なスピンコントロールでピンそば1.2メートルにつけた!
    【WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 最終日】

    谷原が絶妙なスピンコントロールでピンそば1.2メートルにつけた!

    谷原秀人は準決勝の13番パー4で、ピンまで73ヤードの第2打を振り抜くと、ボールはピンの右奥に着地してからバックスピンでピン方向に転がった。カップインもあるかと思われたが、わずかにカップの脇を通り過ぎ、ピンそば1.2メートルに止まった。
  • 谷原がピンそば2メートルのバーディチャンスを仕留め、ジョンソンに追いついた!
    【WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 最終日】

    谷原がピンそば2メートルのバーディチャンスを仕留め、ジョンソンに追いついた!

    谷原秀人は準決勝の14番パー4で、ピンまで195ヤードの第2打をピンそば約2メートルのバーディチャンスにつけた。バーディパットは、ほぼストレートの下りのライン。これを確実に沈め、ダスティン・ジョンソンに追いついた。
  • 【速報】谷原はジョンソンとハースに破れて惜しくも4位
    WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 最終日

    【速報】谷原はジョンソンとハースに破れて惜しくも4位

     オースティン(テキサス州)で開催されたWGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権。日本人選手は松山英樹、池田勇太、谷原秀人が出場したが、松山と池田は予選敗退となった。  日本人で唯一、決勝トーナメントに進出し、ベスト4まで駒を進めた谷原は、準決勝でダス...

2017.3.26

  • 谷原秀人がベスト4入り決定!「ベスト8以上という目標だったのが、こういう結果につながって良かった」
    【WGC−デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 4日目】

    谷原秀人がベスト4入り決定!「ベスト8以上という目標だったのが、こういう結果につながって良かった」

     オースティン(テキサス州)で開催されているWGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権。決勝トーナメントに進出した谷原が2連勝を飾り、最終日の準決勝に駒を進めた。
  • 谷原秀人がロス・フィッシャーを4&2で破り、準決勝進出!
    【WGC−デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 4日目】

    谷原秀人がロス・フィッシャーを4&2で破り、準決勝進出!

     オースティン(テキサス州)で開催されているWGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権。日本人選手は松山英樹、池田勇太、谷原秀人が出場している。今大会は64選手が16グループに分かれ、マッチプレーで勝敗を決する。松山と池田は予選敗退し、日本人として唯一、決勝トーナメントに進出した谷原が2連勝を飾り、最終日の準決勝に駒を進めた。
  • 史上初のWGC全制覇に向け、ダスティン・ジョンソンは残り2勝!
    WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 4日目

    史上初のWGC全制覇に向け、ダスティン・ジョンソンは残り2勝!

     ダスティン・ジョンソンはこの日、今大会としては初めて対戦相手から“挑戦”に応じるという状況に立たされた。一方、ルーキーのジョン・ラームは、早々に勝ちを決めて明日の準決勝進出を決めた。決勝戦では世界ランキング1位とスペインのニュースターによる大一番となる可能性...
  • 谷原は片手を離したが…… 結果的にナイスショット!?
    【WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 4日目】

    谷原は片手を離したが…… 結果的にナイスショット!?

    谷原秀人は準決勝9番パー4で、ピンまで176ヤードのアイアンショット中に片手を離し、ミスしたかと思いきやピン傍60センチに寄せた。このホールでもバーディを奪い、4アップとした。
  • 谷原がベスト8入りを決めたティショット!
    【WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 4日目】

    谷原がベスト8入りを決めたティショット!

    谷原秀人は決勝トーナメント1回戦の17番パー3。ピンまで145ヤードのティショットをアイアンで振り抜くと、ボールはグリーン奥に落ちて、傾斜を使ってピン傍1.2メートルにつけた。この1打が決定打となり、ポール・ケイシーを退け、準々決勝進出を決めた。
  • 谷原が傾斜を利用したスーパーショット!
    【WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 4日目】

    谷原が傾斜を利用したスーパーショット!

    谷原秀人は準決勝の3番パー4で、ピンまで174ヤードをグリーンのスロープを利用し、ピン傍約1.8メートルにつけた。最終的にバーディを奪い、このホールを取った。
  • 谷原秀人が準決勝に進出!
    【本日のハイライト、準々決勝】

    谷原秀人が準決勝に進出!

    準々決勝で勝利をつかんだのは谷原秀人、ダスティン・ジョンソン、ビル・ハース、そして世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン。最終日の明日、準決勝と決勝が行われる。
  • 谷原やジョンソンらが準々決勝に進出!
    【本日のハイライト、ベスト16】

    谷原やジョンソンらが準々決勝に進出!

    世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンが4連勝で準々決勝進出を決めた。準々決勝にはジョンソンを含め、谷原秀人やフィル・ミケルソンなど計8選手が勝ち上がった。
  • ラームがピンまで残り241ヤードを2オンに成功!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    ラームがピンまで残り241ヤードを2オンに成功!

    WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権4日目のベストショットは、ジョン・ラームが準々決勝の6番パー5の2打目をピン傍約3メートルにつけ、2オンに成功した。最終的に残りのイーグルパットを決め、このホールを取った。
  • 谷原が準決勝進出!「2、3日目と似たようなピンポジだったで、ラインが分かってきた」
    【WGC−デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 4日目】

    谷原が準決勝進出!「2、3日目と似たようなピンポジだったで、ラインが分かってきた」

     オースティン(テキサス州)で開催されているWGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権。日本人選手は松山英樹、池田勇太、谷原秀人が出場している。今大会は64選手が16グループに分かれ、マッチプレーで勝敗を決する。松山と池田は予選敗退し、日本人として唯一、決勝トーナメントに進出した谷原が2連勝を飾り、最終日の準決勝に駒を進めた。
  • 【速報】谷原が2連勝で、ベスト4に進出!
    WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 4日目

    【速報】谷原が2連勝で、ベスト4に進出!

     オースティン(テキサス州)で開催されているWGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権。日本人選手は松山英樹、池田勇太、谷原秀人が出場している。今大会は64選手が16グループに分かれ、マッチプレーで勝敗を決する。松山と池田は予選敗退し、日本人として唯一、決勝...

2017.3.25

  • 松山英樹が6&4で敗れ、2敗1分けで予選落ちに!
    【WGC−デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 3日目】

    松山英樹が6&4で敗れ、2敗1分けで予選落ちに!

     オースティン(テキサス州)で開催されているWGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権。日本人選手は松山英樹、池田勇太、谷原秀人が出場している。今大会は64選手が16グループに分かれ、マッチプレーで勝敗を決する。松山はこの日も敗戦し、2敗1分けで予選敗退となった。
  • 石川遼は暫定102位「次までに良い練習ができれば、もっと良い結果が望める」
    【プエルトリコ・オープン 2日目】

    石川遼は暫定102位「次までに良い練習ができれば、もっと良い結果が望める」

     リオ・グランデ(プエルトリコ)で開催されているプエルトリコ・オープン。日本人選手は石川遼と岩田寛の2人が出場している。大会2日目は第1ラウンドの残りと第2ラウンドが行われたが、日没のため2日連続でサスペンデッドとなった。  石川は通算イーブンパー暫定102位タイ。現時点のカットラインは通算3アンダーで、2人とも予選落ちが濃厚となった。
  • 松山英樹は予選落ち「モチベーションが上がらないとゴルフも良くならない」
    【WGC−デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 3日目】

    松山英樹は予選落ち「モチベーションが上がらないとゴルフも良くならない」

     オースティン(テキサス州)で開催されているWGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権。日本人選手は松山英樹、池田勇太、谷原秀人が出場している。今大会は64選手が16グループに分かれ、マッチプレーで勝敗を決する。松山はこの日も敗戦し、2敗1分けで予選敗退となった。
  • 世界ランキング1位のジョンソンが3連勝で決勝トーナメントに進出
    WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 3日目

    世界ランキング1位のジョンソンが3連勝で決勝トーナメントに進出

     序盤3日間のマッチプレーをシンプルにプレーしたのはダスティン・ジョンソンとフィル・ミケルソンだ。気温が高く、風と雨に見舞われたこの3日間、ジョンソンとミケルソンは早い時点からリードを奪い、追従を寄せつけないプレーを続け、明日からの決勝トーナメントに駒を進...
  • ハースが絶体絶命のピンチでチップイン!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    ハースが絶体絶命のピンチでチップイン!

    WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権3日目のベストショットは、ビル・ハースのプレーオフ2ホール目となる2番パー4のチップインパー。第2打をハザードに打ち込んだが、ペナルティを受けてドロップした後の第4打をカップに入れてパーでしのいだ。
  • ジョンソンやミケルソンらが決勝トーナメントに進出
    【本日のハイライト】

    ジョンソンやミケルソンらが決勝トーナメントに進出

    世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンが3連勝で決勝トーナメント進出を決めた。その他の上位シード選手はことごとく予選敗退。フィル・ミケルソンやバッバ・ワトソンなど計16選手が勝ち上がった。
  • フューリックが83ヤードをカップインさせてイーグル!
    【WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 3日目】

    フューリックが83ヤードをカップインさせてイーグル!

    ジム・フューリックは13番パー4で、ピンまで83ヤードの第2打でウェッジを振り抜くと、ボールはグリーンで大きくはずんでピンをオーバーしたかと思いきや、バックスピンで戻り、そのままカップに飛び込んだ。
  • スピースが10メートルを超えるイーグルパットを決めた!
    【WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 3日目】

    スピースが10メートルを超えるイーグルパットを決めた!

    ジョーダン・スピースは6番パー5で2オンに成功。イーグルパットは約11メートルの距離だったが、ラインを見事に読み切ってカップのど真ん中から決めた。テキサスが地元のスピースは、ギャラリーから大きな声援を受けた。
  • ワトソンが技ありのアプローチでピンそばに寄せた!
    【WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 3日目】

    ワトソンが技ありのアプローチでピンそばに寄せた!

    バッバ・ワトソンは16番パー5で、2オンを狙ったショットをグリーン左サイドのラフに外したが、そこからのアプローチが見事だった。グリーン面が見えない場所から高く上げると、ボールはソフトにグリーンへ落ちてから転がり、ピンそば30センチで止まった。
  • 【速報】谷原が池田を3&1で下して決勝トーナメント進出
    WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 3日目

    【速報】谷原が池田を3&1で下して決勝トーナメント進出

     オースティン(テキサス州)で開催されているWGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権。日本人選手は松山英樹、池田勇太、谷原秀人が出場している。今大会は64選手が16グループに分かれ、マッチプレーで勝敗を決する。谷原と池田の対戦は、谷原が3&1で勝利して決勝...

2017.3.24

  • 1勝1分けの谷原「風のジャッジが難しかった。明日は勝つ事を優先してプレーしたい」
    【WGC−デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 2日目】

    1勝1分けの谷原「風のジャッジが難しかった。明日は勝つ事を優先してプレーしたい」

     オースティン(テキサス州)で開催されているWGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権。日本人選手は松山英樹、池田勇太、谷原秀人が出場している。今大会は64選手が16グループに分かれ、マッチプレーで勝敗を決する。谷原は初日の勝利に続き、この日は引き分けて、決勝トーナメント進出に向けて前進した。
  • ミケルソンが2連勝「こんなに厳しいコンディションになるとは思わなかったけど、楽しかったよ」
    WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 2日目

    ミケルソンが2連勝「こんなに厳しいコンディションになるとは思わなかったけど、楽しかったよ」

     WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権の2日目、各組によるプレーが終了する明日を待たずに、ソレン・ケルドセンとアレクサンダー・ノレンがそれぞれの組で勝ち抜けを決めた。 ロリー・マキロイはこの日、対戦相手のゲーリー・ウッドランドが棄権したため、図らず...
  • ノレンのバンカーショットがピンを直撃!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    ノレンのバンカーショットがピンを直撃!

    WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権2日目のベストショットに選ばれたのは、アレクサンダー・ノレンの12番パー5のバンカーショット。グリーン左サイドのバンカーからの第3打がピンに直撃してピンそばに止まり、楽々とバーディを奪った。
  • 強風の中、世界ランキング1位のジョンソンが2勝目を挙げた
    【本日のハイライト】

    強風の中、世界ランキング1位のジョンソンが2勝目を挙げた

    強い風が吹くコンディションに多くの選手が苦しんだ。世界ランキング1位のダスティン・ジョンソンが2勝目を挙げて決勝トーナメント進出に近づいた。世界ランキング2位のロリー・マキロイと世界ランキング4位の松山英樹は予選敗退が決定した。
  • スピースがティーショットをピンそば50センチにつけてバーディ!
    【WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 2日目】

    スピースがティーショットをピンそば50センチにつけてバーディ!

    ジョーダン・スピースは11番パー3で、ピンまで180ヤードのティーショットを放った。本人の手ごたえは、追い風に乗って飛び過ぎたように感じたみたいだが、ボールはちょうどいい距離に着地してグリーンを転がり、ピンそば50センチに止まった。
  • ガルシアがグリーンエッジからのパットをねじ込んでガッツポーズ!
    【WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 2日目】

    ガルシアがグリーンエッジからのパットをねじ込んでガッツポーズ!

    セルヒオ・ガルシアは13番パー4で、第2打がグリーン右サイドのカラーに止まったが、そこからのパットが完璧だった。ピンを抜いた状態でカップまで約7メートルのバーディパットを打つと、ボールは狙い通りにカップインし、右手でガッツポーズした。
  • ムーアが木の根元からのアプローチをピンそばに寄せた!
    【WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 2日目】

    ムーアが木の根元からのアプローチをピンそばに寄せた!

    ライアン・ムーアは6番パー5で、2オンを狙った第2打でグリーンをとらえることができず、左サイドの木の根元に止まった。打ちづらそうに見えたが、グリーンエッジに軽く落としてから傾斜で転がし、ピンそば20センチに寄せた。
  • 【速報】松山は敗戦、池田は最終戦に希望を繋ぐ。谷原は決勝トーナメント進出に向けて前進
    WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権 2日目

    【速報】松山は敗戦、池田は最終戦に希望を繋ぐ。谷原は決勝トーナメント進出に向けて前進

     オースティン(テキサス州)で開催されているWGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権。日本人選手は松山英樹、池田勇太、谷原秀人が出場している。今大会は64選手が16グループに分かれ、マッチプレーで勝敗を決する。松山と池田は敗戦を喫した。谷原は引き分けて、決...