【プレーヤーズ選手権 初日】

松山が6メートルのパットを決めてパー発進!

 松山英樹はスタートホールの10番パー4で、第2打をグリーン右手前のバンカーに落とし、第3打もピンに寄せることができないピンチだった。しかし、約6メートルのパーパットを丁寧にストロークすると、ボールはカップに沈んでパー発進を果たした。

最新の動画

動画検索