ニュース

2018.10.19

  • ケプカが2位に浮上「自分のゴルフがいいところに来ている感触がある」
    CJカップ・アット・ナインブリッジズ 2日目

    ケプカが2位に浮上「自分のゴルフがいいところに来ている感触がある」

     つい先日、昨シーズンのツアー最優秀選手を受賞したケプカが、CJカップ・アット・ナインブリッジズ2日目を7アンダー65でプレー。首位と1打差の通算8アンダー2位に浮上した。世界ランキング1位に輝く完璧なまでのチャンスを手にしている。 3度のメジャー優勝を誇るケ...
  • ウッドランドがグリーンサイドのラフからチップインバーディ!
    【CJカップ・アット・ナインブリッジズ 2日目】

    ウッドランドがグリーンサイドのラフからチップインバーディ!

     ゲーリー・ウッドランドは8番パー4で、第2打をグリーンサイドのラフに外したが、そこからのリカバリーが完璧だった。軽やかなチップショットでグリーンエッジに落とすと、ボールはそのまま転がってカップに飛び込んだ。
  • トーマスがデリケートな下りのパットを沈めてバーディ!
    【CJカップ・アット・ナインブリッジズ 2日目】

    トーマスがデリケートな下りのパットを沈めてバーディ!

     ジャスティン・トーマスは13番パー3で、ティーショットをグリーンに乗せたが、バーディパットは6メートルの下りのラインだった。カップに近づくにつれて加速していく難しいパットだったが、これを見事に沈めてバーディを奪った。
  • ケプカがアイアンショットをピンそば1.5メートルにつけてイーグルフィニッシュ!
    【CJカップ・アット・ナインブリッジズ 2日目】

    ケプカがアイアンショットをピンそば1.5メートルにつけてイーグルフィニッシュ!

     ブルックス・ケプカは18番パー5で、ピンまで165ヤードの第2打で2オンを狙った。アイアンショットを鋭く振り抜いてピンそば1.5メートルのイーグルチャンスにつけると、パットもしっかり沈めてイーグルフィニッシュを果たした。
  • ピアシーが通算9アンダー単独首位
    【本日のハイライト】

    ピアシーが通算9アンダー単独首位

     スコット・ピアシーが7バーディ、ノーボギーの7アンダー65(パー72)でプレー。通算9アンダーで単独首位に立った。首位と1打差の通算8アンダー2位に、ブルックス・ケプカが続いている。
  • ケーシーが7番パー3でホールインワンを達成!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    ケーシーが7番パー3でホールインワンを達成!

     CJカップ・アット・ナインブリッジズ2日目のベストショットに選ばれたのは、ポール・ケーシーの7番パー3のホールインワン。ピンまで187ヤードのティーショットで7番アイアンを振り抜くと、ボールはグリーンに着地してから転がり、そのままカップインした。
  • 【速報】松山は通算1オーバー44位タイに後退
    CJカップ・アット・ナインブリッジズ 2日目

    【速報】松山は通算1オーバー44位タイに後退

     済州島(韓国)で開催されているCJカップ・アット・ナインブリッジズ。日本人選手は松山英樹が出場している。松山は2オーバー74(パー72)とスコアを落とし、通算1オーバー44位タイに後退した。 松山は1アンダー11位タイで2日目を迎え、この日は10番ホールからスタート...
  • リービーが首位「素晴らしい1日だったよ。とてもうまく打てていた」
    CJカップ・アット・ナインブリッジズ 初日

    リービーが首位「素晴らしい1日だったよ。とてもうまく打てていた」

     CJカップ・アット・ナインブリッジズ初日、肌寒い風が吹くコースコンディションの中、チェズ・リービーが4アンダー68をマークして後続に1打差の単独首位に立った。 強風の中、コースはバックナインでさらに難しさを増したが、この日10番からスタートしたリービーは2バー...

2018.10.18

  • ケプカが下りのバーディパットを力強く沈めた!
    【CJカップ・アット・ナインブリッジズ 初日】

    ケプカが下りのバーディパットを力強く沈めた!

     ブルックス・ケプカは8番パー4で、第2打をグリーンに乗せたが、バーディパットは6メートルの下りのラインだった。デリケートなタッチが要求されるかと思いきや、力強いストロークで転がすと、ボールはそのままカップに飛び込んだ。
  • デイがティーショットをピンそば1メートルにつけてバーディ!
    【CJカップ・アット・ナインブリッジズ 初日】

    デイがティーショットをピンそば1メートルにつけてバーディ!

     ジェイソン・デイは13番パー3で、ピンまで221ヤードのティーショットを鋭く振り抜くと、ボールはグリーンに着地してから転がり、ピンそば1メートルのバーディチャンスに止まった。このパットを慎重に沈め、バーディを奪った。
  • ピアシーがグリーン手前のラフからチップインイーグルを決めた!
    【CJカップ・アット・ナインブリッジズ 初日】

    ピアシーがグリーン手前のラフからチップインイーグルを決めた!

     スコット・ピアシーは3番パー5で、グリーン手前のラフからの第3打でチップショットを試みた。ピンまで距離があり、寄せワンのバーディでも十分な場面かと思われたが、ボールはそのままカップに飛び込んでイーグルを奪った。
  • リービーが4アンダー単独首位
    【本日のハイライト】

    リービーが4アンダー単独首位

     チェズ・リービーが5バーディ、1ボギーの4アンダー68(パー72)でプレーし、単独首位発進を果たした。首位と1打差の3アンダー2位タイに、ダニー・ウィレットとキム・シウの2人が続いている。
  • スコットが2段グリーンの傾斜を読み切ってバーディ!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    スコットが2段グリーンの傾斜を読み切ってバーディ!

     CJカップ・アット・ナインブリッジズ初日のベストショットに選ばれたのは、アダム・スコットの9番パー5のバーディパット。2段グリーンの上から下に転がす難しいラインだったが、絶妙なタッチでカップに流し込み、バーディを奪った。
  • 【速報】松山は首位と3打差の1アンダー11位タイ発進
    CJカップ・アット・ナインブリッジズ 初日

    【速報】松山は首位と3打差の1アンダー11位タイ発進

     済州島(韓国)で開幕したCJカップ・アット・ナインブリッジズ。日本人選手は松山英樹が出場している。松山は1アンダー11位タイで初日のラウンドを終えた。 松山は現地時間の9時25分に1番ホールからスタート。4番パー4でバーディを先行させると、9番パー5でもバーデ...

2018.10.17

  • 松山の新シーズンのスタートはデイ、スコットと同組
    【今週はこの組に注目!】CJカップ・アット・ナインブリッジズ

    松山の新シーズンのスタートはデイ、スコットと同組

     PGAツアーのアジアシリーズは韓国へ移り、第2戦のCJカップ・アット・ナインブリッジズへと続く。この大会は今年で2回目だ。  昨年の第1回大会も、失望させるものではなかった。フェデックスカップで勝利を飾ったばかりのジャスティン・トーマスが、マーク・リーシュマン...
  • 優勝候補最右翼はトーマス、松山は2番手
    今週、勝つのはこの選手だ!【後編】

    優勝候補最右翼はトーマス、松山は2番手

     アジアで連続優勝することについては、CIMBクラシックで経験済み。今年のCIMBクラシックでは、最終ラウンドのベストスコア(タイ)である64ストロークで追い上げ、5位タイになった。直近の7戦のうち6戦でトップ15フィニッシュしている。  CIMBクラシックは、公表されて...
  • 地元のアン・ビョンフンは優勝候補13番目
    今週、勝つのはこの選手だ!【前編】

    地元のアン・ビョンフンは優勝候補13番目

     自信を持つティ・トゥ・グリーンのプレーで、CIMBクラシックでも2位タイに入った。それが今年に入って世界各国のトーナメントで7回目のトップ10フィニッシュだ。ナインブリッジズでは2017年に40位タイだった。  パー5をお手のものとしているスコアメークの達人。豪州出...
  • 慣れないグリーンのうねりとスピードを制した者が勝つ
    【勝負を決めるのはココだ!】CJカップ・アット・ナインブリッジズ

    慣れないグリーンのうねりとスピードを制した者が勝つ

     風がすべてのゴルフコースを難しくするのは常識だが、風が吹くと誰にとって有利なのかは、それほど明白ではない。それが弱めの風であっても、結果は興味深いものだ。  2017年のCJカップ・アット・ナインブリッジズの第1回大会の結果からは、このコースが基本的に誰にとっ...

2018.10.16

  • ミズノのウッドがツアーで存在感を示し始めた
    【CIMBクラシック】ギア総まとめ

    ミズノのウッドがツアーで存在感を示し始めた

     ミズノというメーカーは、アイアンにおいてはPGAツアーで一定の地位を得ている。ただ、メタルウッドについては近年、ほとんど使用を聞かない。だが、それも過去の話となるかもしれない。それは、同社が『ST190』と『ST190G』ドライバーをツアーに投入したことによる。  キ...
  • リーのホールインワンが1位(CIMBクラシックほか)
    【ショット・オブ・ザ・ウイーク】

    リーのホールインワンが1位(CIMBクラシックほか)

     先週のベストショットに選ばれたのは、ダニー・リーの4番パー3のホールインワン。ピンまで140ヤードのティーショットを振り抜くと、ボールはグリーンに着地してから転がって、そのままカップイン。今シーズン初のホールインワンを達成した。

2018.10.15

  • アジアシリーズ第2戦は昨年始まった韓国でのトーナメント
    【今週の会場はナインブリッジズ】CJカップ・アット・ナインブリッジズ

    アジアシリーズ第2戦は昨年始まった韓国でのトーナメント

     ザ・クラブ・アット・ナインブリッジズ。全長7196ヤード、パー72。世界のトップ100に韓国のコースでただ一つ、ランクインしているナインブリッジズは、韓国本土のすぐ南にある済州島の松林に作られている。  デビッド・デイルとロナルド・フリームが設計したクラブは2001...
  • ライダーカップ勝者から4人、敗者から2人が出場
    【今週の見どころはここだ!】CJカップ・アット・ナインブリッジズ

    ライダーカップ勝者から4人、敗者から2人が出場

     昨シーズンのPGAツアーのプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたブルックス・ケプカが、韓国でのトーナメントを2018-2019シーズンのスタートに選んだ。このアジアシリーズの2戦目には、前年覇者のジャスティン・トーマスらも、もちろん出場する。  ライダーカップで米...
  • 絶好調のパターは「紅白」のカスタムモデル
    【勝者のセッティング】CIMBクラシック

    絶好調のパターは「紅白」のカスタムモデル

     マーク・リーシュマンがCIMBクラシックを5ストローク差で制覇。PGAツアー通算4勝目だが、この19カ月だけで3勝目となる。  TPCクアラルンプール・ウエストコースにおいて、パーオン率は73パーセントで46位タイだったにも関わらず、リーシュマンはその平凡なボールストラ...

2018.10.14

  • リーシュマンが勝利「表彰台にまた立つことができて最高な気分だよ」
    CIMBクラシック 最終日

    リーシュマンが勝利「表彰台にまた立つことができて最高な気分だよ」

     豪州出身のマーク・リーシュマンがPGAツアー通算4勝目を手にした。最終日を首位タイでスタートしたリーシュマンは、7アンダー65でプレー。TPCクアラルンプールにおけるコースレコードタイの通算26アンダーにスコアを伸ばし、リードを5打差に広げて圧勝した。 リーシュマ...
  • ウーストハイゼンがユニークなアプローチでバーディ奪取!
    【CIMBクラシック 最終日】

    ウーストハイゼンがユニークなアプローチでバーディ奪取!

     ルイ・ウーストハイゼンは6番パー4で、第2打をグリーン奥のラフに外したが、そこからのリカバリーが見事だった。ハイブリッドクラブを使用した転がしのアプローチを試みると、ボールはそのままカップに吸い込まれた。
  • トーマスがグリーンサイドのラフから鮮やかなチップインバーディ!
    【CIMBクラシック 最終日】

    トーマスがグリーンサイドのラフから鮮やかなチップインバーディ!

     ジャスティン・トーマスは16番パー4で、第2打をグリーン右サイドのラフに外したが、そこからのリカバリーが完璧だった。軽やかなチップショットで打ち出すと、ボールはそのままカップに飛び込み、チップインバーディを奪った。
  • ハウエルが7番パー4の第2打をカップインさせてイーグル!
    【CIMBクラシック 最終日】

    ハウエルが7番パー4の第2打をカップインさせてイーグル!

     チャールズ・ハウエルⅢは7番パー4で、フェアウェイ左サイドのセミラフからの第2打を振り抜くと、ボールはグリーンに着地してからスピンで勢いが弱まり、そのままカップインして会心のイーグルを奪った。
  • リーシュマンが通算26アンダーで勝利
    【本日のハイライト】

    リーシュマンが通算26アンダーで勝利

     マーク・リーシュマンが8バーディ、1ボギーの7アンダー65(パー72)でプレー。通算26アンダーで勝利を手にした。首位と5打差の通算21アンダー2位タイに、エミリアーノ・グリロ、チェッソン・ハドリー、ブロンソン・バーグーンの3人が並んだ。
  • リーシュマンが15メートル以上のロングパットを沈めてバーディ!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    リーシュマンが15メートル以上のロングパットを沈めてバーディ!

     CIMBクラシック最終日のベストショットに選ばれたのは、マーク・リーシュマンの9番パー4のバーディパット。カップまでの距離は15メートル以上あったが、これをカップのど真ん中から沈め、後続とのリードを広げた。
  • 【速報】小平は通算9アンダー43位タイでフィニッシュ
    CIMBクラシック 最終日

    【速報】小平は通算9アンダー43位タイでフィニッシュ

     クアラルンプール(マレーシア)で開催されたCIMBクラシック。日本人選手は小平智が出場した。小平は2アンダー70(パー72)でプレー。通算9アンダー43位タイでフィニッシュした。 小平は通算7アンダー38位タイで最終日を迎え、この日も1番ホールからスタート。2番パー...

2018.10.13

  • 3人が首位に並ぶ混戦「明日はリラックスしたプレーを心がけたい」(シャーマ)
    CIMBクラシック 3日目

    3人が首位に並ぶ混戦「明日はリラックスしたプレーを心がけたい」(シャーマ)

     アジアを転戦するPGAツアー3試合の初戦、CIMBクラシック3日目は、ゲーリー・ウッドランドが最終18番パー5をこの日6個目のバーディで締めくくり、5アンダー67でホールアウトした。  ウッドランドはマーク・リーシュマンとシャブハンカー・シャーマの2人に追いつき、3...
  • ダーメンが複雑なラインを読み切ってバーディ!
    【CIMBクラシック 3日目】

    ダーメンが複雑なラインを読み切ってバーディ!

     ジョエル・ダーメンは8番パー3で、ティーショットをグリーンに乗せたが、バーディパットは6メートルの下りのラインだった。これを繊細なタッチで転がすと、ボールはフックしながら傾斜を下り、そこからわずかにスライスしてカップに吸い込まれた。
  • ハウエルのアイアンショットがイーグル寸前!
    【CIMBクラシック 3日目】

    ハウエルのアイアンショットがイーグル寸前!

     チャールズ・ハウエルⅢは14番パー4で、ティーショットを右サイドのラフに外したが、そこからの第2打でアイアンを鋭く振り抜くと、ボールはグリーンに着地してから傾斜を利用して近づき、ピンそば30センチに止まった。このパットを楽々と決めてバーディを奪った。
  • シャーマが絶妙なアプローチでパーセーブ!
    【CIMBクラシック 3日目】

    シャーマが絶妙なアプローチでパーセーブ!

     シャブハンカー・シャーマは8番パー3で、ティーショットをグリーン左手前のバンカーに打ち込み、第2打でもグリーンに乗せることができないピンチだったが、そこからの第3打を丁寧に転がすと、ボールはそのままカップに飛び込み、チップインパーでピンチをしのいだ。
  • ウッドランド、リーシュマン、シャーマの3人が首位に並んだ
    【本日のハイライト】

    ウッドランド、リーシュマン、シャーマの3人が首位に並んだ

     ゲーリー・ウッドランドとマーク・リーシュマンが5アンダー67、シャブハンカー・シャーマが6アンダー66でプレーし、通算19アンダーで首位に並んだ。首位と2打差の通算17アンダー4位タイに、ルイ・ウーストハイゼンとブロンソン・バーグーンの2人が続いている。
  • リーシュマンが傾斜を利用した技ありショットでイーグルチャンスにつけた!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    リーシュマンが傾斜を利用した技ありショットでイーグルチャンスにつけた!

     CIMBクラシック3日目のベストショットに選ばれたのは、マーク・リーシュマンの3番パー5の第2打。ティーショットをフェアウェイバンカーに打ち込んだが、そこから2オンを狙うと、ボールはグリーン奥の傾斜を利用してピンに近づき、イーグルチャンスにつけた。
  • 【速報】小平は通算7アンダー38位タイで最終日へ
    CIMBクラシック 3日目

    【速報】小平は通算7アンダー38位タイで最終日へ

     クアラルンプール(マレーシア)で開催されているCIMBクラシック。日本人選手は小平智が出場している。小平は2アンダー70(パー72)でプレー。通算7アンダー38位タイで最終日を迎えることになった。 小平は通算5アンダー36位タイで3日目を迎え、この日も1番ホールから...