ニュース

2018.12.11

  • ウッドランドのホールインワンが1位(QBEシュートアウトほか)
    【ショット・オブ・ザ・ウイーク】

    ウッドランドのホールインワンが1位(QBEシュートアウトほか)

     先週のベストショットに選ばれたのは、ゲーリー・ウッドランドの5番パー3のホールインワン。ピンまで202ヤードのティーショットを振り抜くと、ボールはグリーンの手前に着地してから転がり、そのままカップに吸い込まれた。

2018.12.10

  • タイガー・ウッズの2018年の戦いを振り返る
    WEEKLY TOUR REPORT Vol.138

    タイガー・ウッズの2018年の戦いを振り返る

     タイガー・ウッズ(アメリカ)が、2018年の戦いを終えた。  今年最後の試合は、ウッズのファウンデーションが主催するヒーロー・ワールドチャレンジ(11月29日~12月2日/バハマ)。18名の招待選手だけが出場できる“エリート大会”において、通算1アンダー、17位という成績...
  • 2イーグル27バーディを出した2人のセッティング!
    【勝者のセッティング】QBEシュートアウト

    2イーグル27バーディを出した2人のセッティング!

     ネイプルズ(フロリダ州)で開催されたQBEシュートアウトはパットン・キザー(米国)/ブライアン・ハーマン(米国)組が制した。  グレッグ・ノーマンがホストを務めるエキシビジョンマッチで、24選手が2人1組の12チームとなり、3日間を異なる競技方式で競われた。キ...
  • フィナウがグリーン手前からチップインバーディを決めた!
    【QBEシュートアウト 最終日】

    フィナウがグリーン手前からチップインバーディを決めた!

     トニー・フィナウは14番パー5で、ティーショットからトラブルが続き、第3打を終えてもグリーンに乗せることができなかった。しかし、グリーン手前からのアプローチを軽やかに打ち出すと、ボールは絶妙な転がりでカップインした。
  • マクドウェルがグリーン奥から鮮やかなチップインバーディ!
    【QBEシュートアウト 最終日】

    マクドウェルがグリーン奥から鮮やかなチップインバーディ!

     グレーム・マクドウェルは13番パー4で、第2打をグリーン奥に外したが、そこからのアプローチが完璧だった。軽やかなチップショットでグリーンに打ち出すと、ボールはマウンドを越えてピンに向かい、そのままカップに飛び込んだ。
  • リストがグリーンの外からイーグルパットをねじ込んだ!
    【QBEシュートアウト 最終日】

    リストがグリーンの外からイーグルパットをねじ込んだ!

     ルーク・リストはピンまで350ヤードと距離の短い13番パー4で、ティーショットをグリーン手前まで運んだ。そこからの第2打をパターで勢いよく転がすと、ボールはそのままカップに飛び込み、会心のイーグルを奪った。
  • キザー/ハーマン組が通算30アンダーで勝利
    【本日のハイライト】

    キザー/ハーマン組が通算30アンダーで勝利

     パットン・キザー/ブライアン・ハーマン組が11アンダー61(パー72)でプレー。通算30アンダーで勝利を手にした。首位と1打差の通算29アンダー2位に、グレーム・マクドウェル/エミリアーノ・グリロ組が続いた。
  • ウッドランドが5番パー3でホールインワンを達成!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    ウッドランドが5番パー3でホールインワンを達成!

     QBEシュートアウト最終日のベストショットに選ばれたのは、ゲーリー・ウッドランドの5番パー3のホールインワン。ピンまで202ヤードのティーショットを振り抜くと、ボールはグリーンの手前に着地してから転がり、そのままカップに吸い込まれた。
  • キザー/ハーマン組が勝利「今週はちょっと変な感じだったよ」(キザー)
    QBEシュートアウト 最終日

    キザー/ハーマン組が勝利「今週はちょっと変な感じだったよ」(キザー)

     ブライアン・ハーマン/パットン・キザー組が、30回目の開催となった今年のQBEシュートアウトを制した。  ジョージア州セント・シモンズ島在住コンビは、最終日に強風の中、11アンダー61(パー72)でプレー。通算30アンダーまでスコアを伸ばし、非公式試合である今大会で優...
  • 【速報】キザー/ハーマン組が通算30アンダーで勝利
    QBEシュートアウト 最終日

    【速報】キザー/ハーマン組が通算30アンダーで勝利

     ネイプルズ(フロリダ州)で開催されたQBEシュートアウト。日本人選手は出場しなかった。今大会はグレッグ・ノーマンがホストを務めるエキシビジョンマッチで、24選手が2人1組でチームとなり、3日間を異なる競技方式で戦い、順位を競った。  最終日はベストボール方式(...

2018.12.9

  • ウッドランド/ホフマン組、キザー/ハーマン組、マクドウェル/グリロ組が首位タイ
    QBEシュートアウト 2日目

    ウッドランド/ホフマン組、キザー/ハーマン組、マクドウェル/グリロ組が首位タイ

     モディファイド・オルタネートショット方式(ティーショットは2人とも打ち、どちらかのボールを選び、2打目は選ばれなかったほうが打ち、以降は1つのボールを交互にプレーする)で行われた2日目。ゲーリー・ウッドランド/チャーリー・ホフマン組が8アンダー64(パー72...
  • ハウエルのティーショットがホールインワン寸前!
    【QBEシュートアウト 2日目】

    ハウエルのティーショットがホールインワン寸前!

     チャールズ・ハウエルⅢは8番パー3で、ピンまで155ヤードのティーショットを鋭く振り抜くと、ボールはグリーンに着地してから転がり、カップインもあるかと思われたが、惜しくもそれてピンそば30センチに止まった。
  • ナがグリーンエッジからバーディパットをねじ込んだ!
    【QBEシュートアウト 2日目】

    ナがグリーンエッジからバーディパットをねじ込んだ!

     ケビン・ナ/ブライソン・デシャンボー組は14番パー5で、惜しくもパーオンを逃したが、ナのグリーンエッジからのバーディパットが見事だった。ピンを抜いてカップを狙うと、ボールは狙いどおりカップに飛び込み、バーディを奪った。
  • ドナルドが7.5メートルのバーディパットを絶妙なタッチで沈めた!
    【QBEシュートアウト 2日目】

    ドナルドが7.5メートルのバーディパットを絶妙なタッチで沈めた!

     ルーク・ドナルド/アンドリュー・ランドリー組は12番パー3で、ティーショットをグリーンに乗せたが、カップまでの距離は7.5メートルあった。これをドナルドが丁寧にストロークすると、ボールは絶妙なタッチでカップインし、バーディを奪った。
  • 通算19アンダーで3組が首位に並んだ
    【本日のハイライト】

    通算19アンダーで3組が首位に並んだ

     パットン・キザー/ブライアン・ハーマン組とグレーム・マクドウェル/エミリアーノ・グリロ組が通算19アンダーで首位をキープ。ゲーリー・ウッドランド/チャーリー・ホフマン組が8アンダー64(パー72)をマークし、首位に並んだ。
  • スネデカーがグリーン手前から鮮やかなチップインバーディを決めた!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    スネデカーがグリーン手前から鮮やかなチップインバーディを決めた!

     QBEシュートアウト2日目のベストショットに選ばれたのは、ブラント・スネデカーの8番パー3のチップインバーディ。ティーショットがグリーン手前にショートしたが、そこからのアプローチをカップインさせてバーディを奪った。
  • 【速報】ウッドランド/ホフマン組が通算19アンダー首位タイに浮上
    QBEシュートアウト 2日目

    【速報】ウッドランド/ホフマン組が通算19アンダー首位タイに浮上

     ネイプルズ(フロリダ州)で開催されているQBEシュートアウト。日本人選手は出場していない。今大会はグレッグ・ノーマンがホストを務めるエキシビジョンマッチで、24選手が2人1組でチームとなり、3日間を異なる競技方式で戦い、順位を競う。  大会2日目はモディファイ...

2018.12.8

  • デシャンボー/ナ組、キザー/ハーマン組、マクドウェル/グリロ組が首位タイ
    QBEシュートアウト 初日

    デシャンボー/ナ組、キザー/ハーマン組、マクドウェル/グリロ組が首位タイ

     ブライソン・デシャンボー/ケビン・ナ組、パットン・キザー/ブライアン・ハーマン組、グレーム・マクドウェル/エミリアーノ・グリロ組の3チームが初日、13アンダー59(パー72)で首位タイに並んだ。 1番パー5、3番パー4、5番パー3~8番パー3、11番パー4、13番...
  • フィナウのウェッジショットがカップイン寸前!
    【QBEシュートアウト 初日】

    フィナウのウェッジショットがカップイン寸前!

     トニー・フィナウはレキシー・トンプソンとのコンビで今大会に出場。13番パー4ではフェアウェイからの第2打をウェッジで軽やかに振り抜くと、ボールはカップインするかと思われたが、惜しくもピン手前10センチに止まった。
  • キズナーがグリーンの外からバーディパットをねじ込んだ!
    【QBEシュートアウト 初日】

    キズナーがグリーンの外からバーディパットをねじ込んだ!

     ケビン・キズナーはキャメロン・チャンプとのコンビで今大会に出場。18番パー4では、第2打をグリーンサイドに外したが、そこからピンを抜いてカップを狙うと、ボールは狙いどおりカップに飛び込み、バーディフィニッシュを果たした。
  • トンプソンが4.5メートルのバーディパットをど真ん中から沈めた!
    【QBEシュートアウト 初日】

    トンプソンが4.5メートルのバーディパットをど真ん中から沈めた!

     レキシー・トンプソンは女子選手として唯一、今大会に出場。トニー・フィナウとコンビを組み、8番パー3では4.5メートルのバーディパットを丁寧にストロークすると、ボールは滑らかな転がりでカップに飛び込み、バーディを奪った。
  • 13アンダーで3組が首位に並んだ
    【本日のハイライト】

    13アンダーで3組が首位に並んだ

     パットン・キザー/ブライアン・ハーマン組、グレーム・マクドウェル/エミリアーノ・グリロ組、ケビン・ナ/ブライソン・デシャンボー組が13アンダー59(パー72)をマークし、3組が首位に並んだ。
  • ストリッカーが10番パー4の第2打をカップインさせてイーグル!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    ストリッカーが10番パー4の第2打をカップインさせてイーグル!

     QBEシュートアウト初日のベストショットに選ばれたのは、スティーブ・ストリッカーの10番パー4のイーグル。フェアウェイからの第2打でウェッジを振り抜くと、ボールはグリーンの手前に着地してから転がり、そのままカップインした。
  • 【速報】キザー/ハーマンら3組が13アンダー首位タイ発進
    QBEシュートアウト 初日

    【速報】キザー/ハーマンら3組が13アンダー首位タイ発進

     ネイプルズ(フロリダ州)で開幕したQBEシュートアウト。日本人選手は出場していない。今大会はグレッグ・ノーマンがホストを務めるエキシビジョンマッチで、24選手が2人1組でチームとなり、3日間を異なる競技方式で戦い、順位を競う。  大会初日はスクランブル方式(す...

2018.12.4

  • アイアンにカバーをしたプロが香港で優勝した
    【ヒーロー・ワールドチャレンジほか】ギア総まとめ

    アイアンにカバーをしたプロが香港で優勝した

     あと少しすれば、大手メーカーの新しいラインナップが発表される。そんな時期だが、クラブに関心のあるゴルファーたちは、ツアーで先行して使われる、新しい商品の動向に興味津々だ。  実際、ツアーには道具に関する話題が渦巻いている。ここ数週間に注目された話題のおさ...
  • Discoveryがタイガー・ウッズとGOLFTVの独占グローバルコンテンツパートナーシップ契約を発表
    【GOLFTV】

    Discoveryがタイガー・ウッズとGOLFTVの独占グローバルコンテンツパートナーシップ契約を発表

    株式会社DiscoveryとPGA TOURが展開する「GOLFTV」が、タイガー・ウッズと複数年のグローバルコンテンツパートナッシップを独占的に締結した。 このパートナーシップの締結により、GOLFTVはウッズに関する幅広いプログラムやコンテンツを制作する。ゴルフの絶対的アイコンであ...
  • ノレンのホールインワンが1位(ヒーロー・ワールドチャレンジほか)
    【ショット・オブ・ザ・ウイーク】

    ノレンのホールインワンが1位(ヒーロー・ワールドチャレンジほか)

     先週のベストショットに選ばれたのは、アレクサンダー・ノレンの17番パー3のホールインワン。ピンまで181ヤードのティーショットを鋭く振り抜くと、ボールはピンの手前に着地してから、そのままカップに吸い込まれた。

2018.12.3

  • 解雇からリポーターデビューまで。一流選手のキャディー事情
    WEEKLY TOUR REPORT Vol.138

    解雇からリポーターデビューまで。一流選手のキャディー事情

    松山英樹が6年間タッグを組んできた進藤大典キャディーとの専属契約を終了した――というニュースが日本から届いた。進藤キャディーが専属として松山のバッグを担ぐのは、先日出場した日本ツアー、ダンロップフェニックストーナメント(11月15日~18日/宮崎県)が最後となった...
  • ウッズがバーディパットを絶妙なタッチで沈めた!
    【ヒーロー・ワールドチャレンジ 最終日】

    ウッズがバーディパットを絶妙なタッチで沈めた!

     タイガー・ウッズは11番パー5で、第3打をピンそば7メートルのバーディチャンスにつけたが、バーディパットは下りのデリケートなラインだった。これを繊細なタッチで打ち出すと、ボールはゆるやかなスライスラインを描いてカップインし、バーディを奪った。
  • ワトソンがアプローチミスをチップインパーでリカバリー!
    【ヒーロー・ワールドチャレンジ 最終日】

    ワトソンがアプローチミスをチップインパーでリカバリー!

     バッバ・ワトソンは1番パー4で、グリーンサイドからのアプローチをミスし、グリーンに乗せることができなかった。しかし、そこからの第4打を軽やかに打ち出すと、ボールは絶妙な転がりでカップインし、ピンチをしのいだ。
  • ジョンソンのウェッジショットがカップイン寸前!
    【ヒーロー・ワールドチャレンジ 最終日】

    ジョンソンのウェッジショットがカップイン寸前!

     ダスティン・ジョンソンは13番パー4で、フェアウェイからの第2打を鋭く振り抜くと、ボールはグリーンに着地してからバックスピンがかかり、カップインするかと思われたが、惜しくもピンそば20センチに止まった。このパットを楽々と決めてバーディを奪った。
  • ラームが通算20アンダーで勝利
    【本日のハイライト】

    ラームが通算20アンダーで勝利

     通算13アンダー首位タイで最終日を迎えたジョン・ラームが7バーディ、ノーボギーの7アンダー65(パー72)とスコアを伸ばし、通算20アンダーで勝利を手にした。首位と4打差の通算16アンダー2位にトニー・フィナウが入った。
  • シャウフェレがグリーンサイドからチップインイーグルを決めた!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    シャウフェレがグリーンサイドからチップインイーグルを決めた!

     ヒーロー・ワールドチャレンジ最終日のベストショットに選ばれたのは、ザンダー・シャウフェレの15番パー5のチップインイーグル。2オンを狙った第2打をグリーン奥にこぼしたが、そこからのアプローチをカップインさせてイーグルを奪った。
  • 学生時代から同じシャフトを使い続けるラームが優勝
    【勝者のセッティング】ヒーロー・ワールドチャレンジ

    学生時代から同じシャフトを使い続けるラームが優勝

     日曜日、ジョン・ラームがアルバニーGCで開催された2018年のヒーロー・ワールドチャレンジで優勝した。テーラーメイドのクラブとボールを使っての圧勝だった。  ラームは2018年の大半を新しいバージョンであるテーラーメイド『M4』を使用していたが、2018年のツアー選手権...
  • ラームが勝利「タイガー主催のイベントで優勝できたのはスペシャルなことだ」
    ヒーロー・ワールドチャレンジ 最終日

    ラームが勝利「タイガー主催のイベントで優勝できたのはスペシャルなことだ」

     ヒーロー・ワールドチャレンジ最終日の日曜、7アンダー65をマークしたジョン・ラームがシュートアウトの可能性をバハマの風と変え、いとも簡単に4打差の優勝を決めた。 トニー・フィナウ、ヘンリック・ステンソンとともに首位タイで最終ラウンドを迎えたラーム。  この...
  • 【速報】松山は通算イーブンパー18位でフィニッシュ
    ヒーロー・ワールドチャレンジ 最終日

    【速報】松山は通算イーブンパー18位でフィニッシュ

     ニュープロビデンス(バハマ)で開催されたヒーロー・ワールドチャレンジ。日本人選手は松山英樹が出場した。  今大会はタイガー・ウッズの招待試合で、世界ランキング上位選手18人のみが出場。非公式試合のため予選落ちはなく、優勝回数や賞金ランキングには加算されない...

2018.12.2

  • フィナウが首位に並んだ「パー5でチャンスをしっかりモノにできているよ」
    ヒーロー・ワールドチャレンジ 3日目

    フィナウが首位に並んだ「パー5でチャンスをしっかりモノにできているよ」

     ヒーロー・ワールドチャレンジのプロアマに参加するまで、アルバニーGCに足を踏み入れたことがなかったトニー・フィナウ。コースに着いた途端、「あること」にすぐに気がついた。「いいプレーができているときは、どんなコースでもスコアが伸ばせるという感じがする。パー5...
  • ウッズがティーショットをピンそばにつけてバーディ奪取!
    【ヒーロー・ワールドチャレンジ 3日目】

    ウッズがティーショットをピンそばにつけてバーディ奪取!

     タイガー・ウッズは17番パー3で、ピンまで181ヤードのティーショットを振り抜くと、ボールはピンそば2メートルのバーディチャンスにピタリと止まった。バーディパットも着実に沈め、会心のバーディを奪った。
  • リードがグリーンサイドから鮮やかなチップインバーディを決めた!
    【ヒーロー・ワールドチャレンジ 3日目】

    リードがグリーンサイドから鮮やかなチップインバーディを決めた!

     パトリック・リードは14番パー4で、第2打をグリーン右サイドに外したが、そこからの第3打が見事だった。距離のあるアプローチを軽やかに打ち上げると、ボールはグリーンを転がってピンに当たり、そのままカップインしてバーディを奪った。
  • ファウラーが距離の短いパー4で1オン1パットのイーグル!
    【ヒーロー・ワールドチャレンジ 3日目】

    ファウラーが距離の短いパー4で1オン1パットのイーグル!

     リッキー・ファウラーは14番パー4で、ピンまで294ヤードのティーショットで1オンを狙うと、ボールは見事にグリーンをとらえ、ピンそば6メートルのイーグルチャンスにつけた。このパットを鮮やかに沈め、イーグルを奪った。
  • フィナウ、ラーム、ステンソンの3人が通算13アンダー首位タイ
    【本日のハイライト】

    フィナウ、ラーム、ステンソンの3人が通算13アンダー首位タイ

     通算10アンダー首位タイで3日目を迎えたジョン・ラームとヘンリック・ステンソンがともに3アンダー69でプレーし、通算13アンダーに到達。5アンダー67でプレーしたトニー・フィナウも並び、3人が首位タイにひしめく混戦になっている。
  • ノレンが17番パー3でホールインワンを達成!
    【ショット・オブ・ザ・デイ】

    ノレンが17番パー3でホールインワンを達成!

     ヒーロー・ワールドチャレンジ3日目のベストショットに選ばれたのは、アレクサンダー・ノレンの17番パー3のホールインワン。ピンまで181ヤードのティーショットを鋭く振り抜くと、ボールはピンの手前に着地してから、そのままカップに吸い込まれた。
  • 【速報】松山は通算3アンダー16位タイで最終日へ
    ヒーロー・ワールドチャレンジ 3日目

    【速報】松山は通算3アンダー16位タイで最終日へ

     ニュープロビデンス(バハマ)で開催されているヒーロー・ワールドチャレンジ。日本人選手は松山英樹が出場している。  今大会はタイガー・ウッズの招待試合で、世界ランキング上位選手18人のみが出場。非公式試合のため予選落ちはなく、優勝回数や賞金ランキングには加算...