【今週の会場はTPCディアラン】ジョンディア・クラシック

「初優勝」を量産してきた「全英オープン直前」の大会

2018.7.11 15:00
高低差の変化が劇的なTPCディアランでは、スコアの伸ばし合いが予想される Photo by Michael Cohen/Getty Images

PGAツアー第37戦 ジョンディア・クラシック/イリノイ州 TPCディアラン

コース:「59」の記録を出した4つめのコース

 TPCディアラン、全長7268ヤード、パー71。いにしえの時代には先住民族の村として栄え、その後、アラビア原産馬の放牧場となっていた土地にD.A.ワイブリングが1999年に設計した。ロックリバーに風が吹くほど、リスクと報酬をかけたチャレンジがエキサイティングなものになる。

MORE:▶スポーツ観るならDAZNで。1カ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

 劇的なまでの標高の変化がコースの表情を変えていく。特に、14番は361ヤードの打ち下ろしでワンオン可能にセットされることで知られている。典型的にはバーディ量産のコースであり、2010年にポール・ゴイドスがPGAツアーで4回目の「59」ストロークを記録している。その年の勝者、スティーブ・ストリッカーもその日に「60」を記録した。

72ホール記録:

 258ストローク(スティーブ・ストリッカー/2010年)

18ホール記録:

 59ストローク(ポール・ゴイドス/2010年 1日目)