今週、勝つのはこの選手だ!【前編】

優勝未経験者たちが虎視眈々とタイトルを狙う!

2018.7.11 16:00
優勝候補の11番目にオクラホマ州立大出身29歳のケビン・ツエーが挙げられた Photo by Michael Reaves/Getty Images

PGAツアー第37戦 ジョンディア・クラシック/イリノイ州 TPCディアラン

11位:ケビン・ツエー

 昨年ここで12位タイになったが、それが2017年6月から2018年5月半ばまでのベストな成績だった。その後、一気に調子を上げ、トップ10フィニッシュを3回繰り返して、ここへつなげている。直近はトラベラーズ選手権での6位タイだ。

12位:ケリー・クラフト

 2016年に初出場して5位タイになって以来、ここでは常に結果を残してきた。グリーンブライヤーで2位になった勢いを持って、全英オープンのチケットをつかみにやってくる。

MORE:▶スポーツ観るならDAZNで。1カ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

13位:ブライアン・ゲイ

 先週のグリーンブライヤーでは、7度目の挑戦にして39位タイという自己最高成績を残した。調子は上向きであり、直近の6トーナメントでトップ20フィニッシュが4回ある。

14位:ジョエル・ダーメン

 2014年にマッケンジー・ツアー(PGAツアーの下部ツアー)で素晴らしい成績を残したが、当時の調子を取り戻してきている。グリーンブライヤーでは自己最高の5位タイとなったが、これが直近の8戦で6度目のトップ25フィニッシュだ。ティからグリーンまでのプレーの専門家である。

15位:スコット・ブラウン

 直近の6戦でトップ45フィニッシュがゼロだが、そのタイミングで彼にとっては最高のトーナメントの週がやってきた。ここTPCディアランには6回出場して5回予選通過。そのすべてがトップ25フィニッシュだ。

記事検索