WGC-ブリヂストン招待 最終日

トーマスが勝利「ついにこのコースでいいプレーができてうれしいよ」

2018.8.6 16:46
ジャスティン・トーマスが両親と祖父母の前で勝利を挙げた Photo by Keyur Khamar/PGA TOUR

PGAツアー第42戦 WGC-ブリヂストン招待/オハイオ州 ファイアーストーンCC

トーマスが後続を寄せつけず今季3勝目

 ファイアーストーンで行われたWGC-ブリヂストン招待の最終日。後続を一度も2打差以内に寄せつけることなく終えたジャスティン・トーマス。劇的な場面を披露することもなく、1アンダー69でプレーしてシーズン3度目の優勝を飾った。

MORE:WGC-ブリヂストン招待の最新スコアはここをクリック!

 ただし、日曜日に18番グリーンの後方で繰り広げられた光景により、今回の優勝はトーマスが初めてWGCタイトルを手にしたこと以上にうれしいものとなった。

 祖父母のポール・トーマスさんとフィリスさんの2人が、PGAツアーで孫が優勝する様子を初めてその目で見届けるためにやってきていたのだ。

 ポールさんは元クラブプロであり、ここファイアーストーンで行われた1960年の全米プロゴルフ選手権にも出場。ただし、そのときは54ホール時点で予選落ちを喫した。

 その息子のマイク・トーマスさんもまた、ケンタッキーでクラブプロをしており、全米プロゴルフ協会の委員会メンバーを務めた経験を持つ。

「おじいちゃんとおばあちゃんが来ているのを見たとき、少し胸が詰まるような思いがしたよ」とトーマス。

「素晴らしいことだ。2人とも、コースにはあまりやってこないからね」

記事検索