全米プロゴルフ選手権 初日

【速報】松山と池田が2アンダー16位タイの好発進

2018.8.10 10:03
松山英樹は2バーディ、ノーボギーの2アンダー68(パー70)でプレーした Photo by Ross Kinnaird/Getty Images

PGAツアー第43戦 全米プロゴルフ選手権/ミズーリ州 ベルリーブCC

 セントルイス(ミズーリ州)で開幕した全米プロゴルフ選手権。日本人選手は松山英樹、小平智、宮里優作、池田勇太、時松隆光、今平周吾の6人が出場している。

 松山と池田は2アンダー16位タイ、小平は1オーバー62位タイ、今平は2オーバー83位タイ、時松は3オーバー100位タイ、宮里は6オーバー144位タイで初日のラウンドを終えた。

MORE:全米プロゴルフ選手権の最新スコアはここをクリック!

 松山は現地時間の7時39分に10番ホールからスタート。10番パー4から16番パー3までパーを並べた後、17番パー5でバーディを奪い、前半を1アンダーで折り返した。

 後半に入ると、1番パー4でバーディを加えた後、2番パー4から9番パー4まで再びパーを並べた。

 結局、この日のスコアは2バーディ、ノーボギーの2アンダー68(パー70)。首位と4打差の16位タイと好発進を果たした。

記事検索