CIMBクラシック 初日

バーグーンが首位「ショットもパターも絶好調だった」

2018.10.11 20:19
ブロンソン・バーグーンが9アンダー63(パー72)をマークし、単独首位を果たした Photo by Stanley Chou/Getty Images

PGAツアー第2戦 CIMBクラシック/マレーシア TPCクアラルンプール

ツアー出場55試合目の31歳が好発進

 マレーシアのTPCクアラルンプールで開幕したPGAツアー今季第2戦、CIMBクラシックは初日、ブロンソン・バーグーンが9アンダー63でプレーし、単独首位で発進した。

MORE:CIMBクラシックの最新スコアはここをクリック!

 世界ランキング162位のバーグーン。この日はイーグル1個とバーディ8個を奪った。ボギーは13番パー4で叩いた1個だけだった。

「ショットもパターも絶好調だったので、見ている分には退屈なゴルフだったかもしれないが、それはいいことなんだ。9ホール目の18番パー5ではバンカーからチップインイーグルを決めることができた。これで勢いに乗ってスコアを伸ばせたんだ」(バーグーン)

 バーグーンの昨シーズンの成績は、ジョンディア・クラシックでの2位タイが最高だった。先週の今季開幕戦、セーフウェイ・オープンでは53位タイだった。

 オースティン・クックが首位と1打差の8アンダー単独2位。

 スコット・ピアシー、ビリー・ホーシェル、潘政琮の3人が、首位と2打差の7アンダー3位タイにつけている。

記事検索