【今週の会場はエル・カマレオンGC】マヤコバ・ゴルフ・クラシック

洞窟バンカーが象徴するトロピカルリゾートでの戦い

2018.11.5 18:32
洞窟バンカーを横目に、熱帯の天候にも翻弄されながら展開するマヤコバでの戦い Photo by Cliff Hawkins/Getty Images

PGAツアー第7戦 マヤコバ・ゴルフ・クラシック/メキシコ エル・カマレオンGC

コース:ジャングル、マングローブと砂浜の中を進む18ホール

 エル・カマレオンGC、全長6987ヤードでパー71のコースである。PGAツアー開催地として12年目を迎える“カメレオン(カマレオンはスペイン語で「カメレオン」の意)”は、3種類のまったく異なる景観の中に展開されている。

 3種類の景観とは、熱帯のジャングル、うっそうと繁るマングローブ、そしてリビエラ・マヤ沿いの砂浜に囲まれたオーシャンフロントである。

MORE:▶スポーツ見るならDAZNで。1カ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

 設計はグレッグ・ノーマンだ。この地域独特のセノーテと呼ばれる地下洞窟を7番ホールのフェアウェイの中心部に組み込んでいる。

 コースは2004年にオープンし、その3年後にはマヤコバ・ゴルフ・クラシックを開催した。

 当初はまだ春のシーズンに開催されており、WGC-マッチプレー選手権と同週開催だった。秋のシーズンに移り、エル・カマレオンGCの単独開催となったのは2013年からのことだ。

 2年前にこのコースは、世界アマチュア・チーム選手権を開催した。

72ホール記録:

263ストローク(ハリス・イングリッシュ/2013年)(パット・ペレス/2016年)

18ホール記録:

61ストローク(ローランド・サッチャー/2008年 3日目)

記事検索