【勝負を決めるのはココだ!】ヒーロー・ワールドチャレンジ

リゾートアイランドの風に世界最高峰が立ち向かう

2018.11.29 10:29
松山英樹はこの大会で2016年に優勝し、昨年も5位タイに入っている Photo by David Cannon/Getty Images

ヒーロー・ワールドチャレンジ/バハマ アルバニー

 記念日は、それを祝うか、そこから学ぶかの契機となる。ベストなものは、それら両方を促すものだ。今週の大会はその類いのものである。

MORE:▶スポーツ見るならDAZNで。1カ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

 昨年のヒーロー・ワールドチャレンジで、タイガー・ウッズが本格的にツアーに復帰した。

 過去数年間に数多くの中途半端な復帰と再休養を繰り返していたために、その本格的な復帰にはそれなりの質が伴っていることが求められた。

 それから1年。その結果と言えば、この12カ月間の彼のパフォーマンスを含め、あらゆる側面においても成功を示している。

 復帰戦のヒーロー・ワールドチャレンジで9位タイになり、バルスパー選手権で2位タイになり、ついにはツアー選手権で優勝し、ライダーカップに出場するところまで彼は戻ってきた。

 華々しい過去の肩書きをたずさえた“過去の人”として出場するのではなく、優勝候補に挙げるべき存在と見なされるまでに「復活」してトーナメントに出場を続けた。

 今週のヒーロー・ワールドチャレンジも、このツアー80勝の選手にとってのキャリアの継続に過ぎない。

 バハマのアルバニーで、4年連続で開催される大会に、このスポーツのベストプレーヤー、18名が集められる。それでは、このコースでどういう戦いが展開されるかを考えてみよう。

記事検索